EAT-MEN

Read Article

田邊優貴子 可愛い南極なう画像が 極ガールと言われている原因か

田邊優貴子(たなべゆきこ)は、現在、可愛い南極なう画像について注目が集まっているが、そんな田邊優貴子は情熱大陸にて【極ガール】という風に呼ばれているが、一体なぜ極ガールなのか。それらの真相についてお伝えするとともに、そもそも田邊優貴子って誰だ?と思う人も多いかと思うので、田邊優貴子のプロフィールについてもお伝えしておこうと思う。

 

 

田邊優貴子 可愛い南極なう画像の真相に迫る

さて、まずは先ほどから気になっているであろう【田邊優貴子の可愛い南極なう画像】の真相についてお伝えしていこうと思う。
プロフィールについてはその後にお伝えしたいと思うので、先にプロフィールを知っておきたい方は、下のページから見て頂くと良いだろう。

さて、田邊優貴子の可愛い南極なう画像とは一体どういう意味なのかということについてお伝えしていくと、そもそも可愛い南極なう画像とはどういうことかと言うと、田邊優貴子は実は、田邊優貴子が現地をレポートする連載と言うのがあり、そのタイトルが【南極なう】という画像なのである。南極なうの画像について知りたい方は、画像検索にて【田邊優貴子 南極なう】という風にして調べて頂ければ分かるかと思うので、気になる方はブログを読み終わった後にでも調べて頂ければと思う。

そして、南極なうに連載っされているレポートの中に、南極や北極に行った時の写真が搭載されているそうなのだが、この画像と言うのが【かわいい】と、評判であるそうだ。これが【可愛い南極なう画像】の真相である。
そしてもう1つ、田邊優貴子が【極ガール】と言われている理由については、これはここまでブログを読んで頂いた方なら、おおかた見当がつくかと思うが【何度の南極や北極を行き来しているから】極ガールと言われるようになったという単純な話である。

 

 

田邊優貴子 wiki風プロフィール「難病と闘っている」と告白

さて、田邊優貴子の南極なうの真相と、極ガールと言われている真相については理解できたと思うが、そこで次に田邊優貴子のwiki風プロフィールについてお伝えしていくが、実は田邊優貴子は【難病を抱えている】ということを告白しているそうだ。正確にいうと【時限爆弾のような難病を抱えている】と言った方が良いかもしれない。これについては、最初に簡単なwiki風プロフィールをお伝えしてから、その真相をお伝えしたいと思う。

田邊優貴子

名前 田邊 優貴子(たなべ ゆきこ)
生年月日 1978年12月
出身地 青森県青森市
職業 生態学者、陸水学者
最終学歴 総合研究大学院大学博士課程修了
引用元:Wikipedia

これが田邊優貴子のwiki風プロフィールである。
田邊優貴子の大学もかなり凄いと思うが、職業については【生態学者、陸水学者】ということで、それが南極や北極に何度も行っている原因となる。

そして気になる【田邊優貴子の難病】についてだが、先ほど難病と闘っているという風にお伝えしたが、実際は【今は難病にはかかっていない】ということが言える。だが【遺伝性の難病にかかる可能性が高いため、いつ発症するか分からないので、難病にいつかかるかという想いと戦っている】ということである。
この難病は【脊椎小脳変性症】と言われる物で、これは【小脳の後頭部の下側にある、脳の一部が病気になった時に現れる症状】なのだそうだ。

この病気はおおよそ3分の1が遺伝性によって引き起こされる症状だそうで、実際田邊優貴子の母も2人の伯父も50歳になる手前で発症したそうで現在、田邊優貴子は、約35歳なのであと15年ほどで発症する可能性が高いという風に言われているのである。そんな田邊優貴子は

「残り時間が少ないなんていう私の思いなんてどうでもよくなるくらい、南極や北極では迫って来る時間のスケールが桁違いなんです。」

「ネガティブな気持ちは全て払しょくするように、バーン!と30億年前の岩があったり、2千年前のアザラシの死骸が出てきたり、とにかくスケールが大きく、スカーッとさせくれるんです!」
引用元:2013年10月の週刊誌『女性自身』のインタビューより

という風に語っていたそうです。
自分の好きな事をして生きていく事がどれだけ素晴らしいかということが、彼女からは伝わってくるかと思う。まさに【今を生きる】ということがどれだけ素晴らしいことなのかというのが、田邊優貴子を見ていると伝わってくると思う。
ということで田邊優貴子についてもっと知りたい方は、3月22日放送の【情熱大陸】にて、田邊優貴子に関して放送するそうなので、それを見てい頂ければと思う。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top