EAT-MEN

Read Article

流星ワゴンのネタバレ「最低で最悪の現実」という結末だが「最高の最終回だった」との声

流星ワゴンが今日、最終回を迎えた。最終回の結末は「最低で最悪の現実」であったが、ネット上の感想では「最高の最終回だった」という感想が。
一体流星ワゴンはどのような結末を迎えたのだろうか。最終回のネタバレや結末についてお伝えしたいと思う。(前編と後編に分けているため、先に前編をお伝えして、後編は明日にお伝えすることにするので、後編を更新し次第、再びブログにてお伝えしていこうと思う)

 

 

流星ワゴンのネタバレ「最低で最悪の現実」の意味

流星ワゴンの最終回は、ネット上では「めちゃくちゃ良い最終回だった」という意見がかなり多かったのである。実際に私も最終回を見たのだが、その最終回の結末を見て「本当に最高のドラマだった」という風に思った。そして個人的な話で申し訳ないが、天界的に、アニメの「リトルバスターズ」の展開を思わされた。リトルバスターズの結末も凄く良かったので、その最終回とも重なり、思わず涙を流してしまっていた。

そんな流星ワゴンの最終回のネタバレ、結末について、お伝えしていこうと思う。ただ、結末を見た人も多いかと思うので、このブログでは結末までのネタバレを簡単に書いていくとする。
最終回の前半部分で、忠さんと一雄の確執は消えていった。二人はこの時、初めて心から笑いあったのかもしれない。だが、まだ一雄の問題は残っている。一雄は現実の世界に戻ろうとするが…

 

 

流星ワゴンのネタバレ「最低で最悪の現実へ」

橋本が言った。「一雄さん、今度はあなたの番です。現実に戻ったらあなたは死んでいるんです。覚悟は出来てますか?」と。
しかし、そんな忠告にも一雄は「最低で最悪の現実に戻りたい。生きたい!俺は生きる!」と、覚悟を決めたそうだ。だが実はこの時一雄は死ぬことになっていないことを伝えられる。
そう、一雄は試されていたのだ。中途半端な覚悟で現実世界に戻っても、絶対に未来は変えられないからである。

こうして最低最悪の世界へ戻った一雄は、深夜の駅前のベンチで一人で離婚届の紙を持って座っていた。
「俺は夢を見ていたのか?」と一雄が思っていると、急に一本の電話が。妹からだった。「お父さんがもうだめかもしれんから早く来て!」と一雄に伝えると、一雄は家に帰り「今から福山のおじいちゃんの所に行くぞ」と、広樹に伝える。広樹は最初行きたがらなかったが、一雄の真剣な姿を見た広樹は、おじいちゃんの所へ行くことにしたのである。

そして二人は急いで病院まで走った。そしてまだ忠さんは何とか生きていた。忠さんは現在痛みを抑えるための薬を飲んでいるため、意識は戻らないようだが…
ということで、前半はここで一旦終わりたいと思う。流星ワゴンのネタバレの続きに関しては、また明日ブログに書いていくため、楽しみにして頂きたい。ここからがクライマックスなのだが、果たして一雄は未来を変えることが出来るのか…

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top