EAT-MEN

Read Article

東八郎の息子が金持ちな理由が「資産の額が半端ないから」というのはガセと判明


東八郎の息子は、東貴博こと東MAXとしてとして有名であるが、そんな東八郎の息子が金持ちなのは「父の資産の額が半端ないから」という噂がネット上で流れているのだが、実際の所はどうなのだろうか。本当に父である東八郎は資産を沢山残していったと言えるのだろうか。そのことについてお伝えしていこうと思う。

 

 

東八郎の息子が金持ちなのは 父の資産が15億円あるからだという情報が

さて、東八郎の息子である東MAXが金持ちなのは、父の東八郎の資産と合わせると「15億以上あるからだ」ということがネット上で騒がれているのだが、果たしてこれは本当なのか。ガセなのだろうか。ということについて、今回はお伝えしていこうと思う。
まず、これを検証するにおいて欠かせないことは「東MAXの年収はいくらなのか」ということについてである。東MAXの年収は、実はある程度どれぐらいの年収なのかは発覚しているが、その年収とは「大体5000万円」という風に言われている。

5000万円も稼いでいたのかと思うかもしれないが、東MAXはタレント活動としてももちろん現在も稼がれているわけだが、実は「浅草MJ(エムジェイ)」というもんじゃ焼の店のオーナーとしてプロデュースしているという、経営者としての顔も持っているそうなのだ。恐らくだが、そちらの稼ぎの方が正直多いかと思われるが、もんじゃとは、意外な一面だったのではないだろうか。そう言うわけで現在、東MAXの年収は今も安定しているという。さらに最近では子供が産まれたことでも話題となり、東MAXは今一番幸せな時期に差し掛かっていると言える。ということで、東MAXだけでもかなりのお金を稼いでいることが分かるだろう。

 

 

東貴博の父 東八郎は本当に15億も資産を残していたのか

さて、ここからは東貴博の父である東八郎の資産についてお伝えしていこうと思う。その前に、まずは東八郎がどのような人物だったのか、知らない人も多いかと思われるため、お伝えしておこうと思う。東八郎は有名な人気コメディアンだったようで、お笑いでも有名な方だったそうだ。そんなお笑い以外でも歌の分野でも活躍されていたそうで、それも収入源に大きく貢献していたと言えるだろう。ちなみ歌の中でも「娘へのバラード」という歌は、結婚式でも定番ソングとしてよく歌われるそうである。

その後、東八郎は「東八郎劇団」を結成したのちに、自分の築き上げてきたものを次いでもらうために私塾も立ち上げたとの事だが、ちょうどそのころに東八郎はなくなってしまったのである。このように東八郎は生きてから死ぬまで活躍し続けてきた人物なため「かなりの資産を持っているのでは」という風に言われていた。当時は公務員がもらえていた給料の半年分をひと月で稼いでいたという噂があるため、これを考えると相当な年収があったことには違いないだろう。

しかし、冷静に考えて頂きたいのだが、父の東八郎は息子の東貴博のように、会社経営をしたりして、いわゆる資産と呼ばれるものを築き上げてきたわけでなく、あくまでもタレント一筋として稼いで来られた方である。確かに当時は沢山稼いでいたと思われる。だが、それと資産はまた別なのである。そう考えると、実際東八郎はほとんど資産と呼ばれるものはを築いていないのではないかと考えれらる。つまり、東貴博が現在ほとんど稼いでいるという風に考えることが出来るのである。

東MAXが解決ナイナイアンサーに「緊急特別企画」で出演が決定

そんな東MAXであるが、実は3月24日放送の「解決!イナイアンサー」に出演が決定している。そこでは父である東八郎の様々な秘密が暴露されるそうなので、是非楽しみにして頂きたいと思う。安めぐみが第1子を出産したことによる緊急特別企画だそうなので、これはかなり面白い内容になるであろう。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top