EAT-MEN

Read Article

税務署への確定申告はいつからかという声多数なため、2015年度について解説

もうそろそろ確定申告の時期となったが、今回は2015年の税務署への確定申告はいつからか?の、払う方(還付金還元ではない方)について解説していこうと思う。
これは平成26年分の平成27年のいつに確定申告するのか、についての解説である。

 

 

税務署への確定申告はいつからかについて(平成26年)

さて、こちらは税務署へ確定申告をするのが自営業などの人で、納税しなければならない人について解説していきたいと思う。
まず、今年2015の確定申告はいつからか、ということだが、2015年は2月16日~3月16日までになる
この記事を書いている現在が2月15日となるので、ちょうど明日から確定申告が始まることになる。
そして、確定申告の仕方にも色々と方法があって、それを紹介していくと
1、書類に必要事項を記入し、直接税務署に持っていく。
2、書類に必要事項を記入し、税務署に郵送で送る。
3、ネットのe-Taxというサービスを使って、ネット上で必要事項を記入して、そのままネット上で提出まで済ます。
というような、3つの方法がある。

そして、こうなると書類はどこでもらうのか?ということになるのだが、必要書類は直接税務署にもらいに行くか、税務署のサイトがあるので、税務署のサイトから印刷して手に入れる、という二つの方法がある。
そんな税務署のサイトはこちらから確認することが出来る。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tokushu/hajimete.htm(税務署)URLがクリックできない場合はこちらから
私のお勧めの方法としては、初めて確定申告をする人は、直接税務署へもらいに行き、その時に分からないことなどを税務署に直接聞いてみる事をおススメする。
そうではなく、もうすでに一度確定申告を済ませているという人は、上記の税務署のサイトから、確定申告に必要な書類を印刷することをおススメする。

 

 

2015年確定申告でe-Taxという選択肢

先ほども少し触れたかと思うが、直接確定申告書に記入して税務署に持っていくやり方と、税務署に郵送で送るやり方を説明したが、もう1つ、ネット上で確定申告を済ませてしまうやり方があり、それがe-Taxと言われるサービスだ。
これは通常、手書きで書いて送らなければならない申告書を、ネット上で記入して、ネット上で送信して確定申告を済ませてしまうという、少し手間が省けるやり方だ。

しかし、このやり方は一見楽そうに見えるが、最初の作業が意外と大変だ。
だが、一度やってしまえばなれると、このやり方が一番楽なやり方となるだろう。
これについては上記の税務署のサイトに詳しく説明されているが、ネットで確定申告をする際に必要な書類だけ説明せておくと…1、市民基本台帳カード 2、カードリーダー
これらが必要となる。ただ、カードリーダーに関しては3000円ほどかかるが、それで自宅で確定申告を済ませられるのであれば、安いものである。

ということで、以上が確定申告はいつからかということと、確定申告のやり方の選択肢についての説明である。
この説明を聞いて、今の自分に合った確定申告のやり方を選択することをおススメする。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top