EAT-MEN

Read Article

造幣局 桜の通り抜け。2015年の日程は4月9日~15日の7日間に決定!

大阪の造幣局といえば「桜の通り抜け」が有名だと思うが、そんな造幣局の2015年の桜の通り抜けの日程や、さらに桜の通り抜けの方法について、今回はお伝えしていこうと思う。だが、造幣局の桜の通り抜けの方法などは、例年同じになっているため、2015年度に関わらず、毎年このブログを見てもらうと分かりやすいかと思う。

 

 

大阪造幣局桜の通り抜け 2015年の日程は4月9日~15日に決定

大阪造幣局の桜の通り抜けは、お花見スポットとして欠かせない場所となっている、定番中の定番のお花見スポットである。大阪に住んでいる人は、一度は訪れたことがあるのではないだろうか。そこで今回は造幣局の桜の通り抜けの日程や、楽しみ方。そして通り抜けの方法についてお伝えしていこうと思う。

まず、造幣局の桜の通り抜けの日程は4月9日からとお伝えしたが、この日程は正直意外だったのではないだろうか。というのも、桜の通り抜けは大体4月11日になることが多いのだが、しかし今回4月11日は土曜日となるため、予想としてはその前日の4月10日から通り抜けが解放されると思っていた。ところが、今年は4月9日の木曜日から通り抜けが開始されるということで、これは意外であった。ちなみに時間について、平日は午前10時から午後9時まで。そして休日は午前9時から午後9時までとなっている。

 

 

造幣局桜の通り抜け 見どころは「豊富な桜の種類」

そして造幣局の桜の通り抜けの見どころについてお伝えしていくが、やはり桜の通り抜けの見どころといえば「豊富な桜の種類」ということになるだろう。造幣局には現在「約130種類と、約350本の桜」が造幣局内で見られるのである。こんなに桜の種類が
豊富な所は、私の知る限りでは造幣局のみとなるため、このことから毎年注目を集めているし、何より一番人気のスポットとなっているのである。

そしてこれは補足情報なのだが「桜の通り抜けの桜は、毎年1種類新しい桜を植えている」というのはご存知だろうか。そのため、毎年桜の種類が増えていくのである。年を重ねるごとに日々進化していく造幣局の桜の通り抜け。毎年沢山のお花見客や、そして沢山の外国人観光客が押し寄せてくるのも、これでお分かり頂けるだろう。そんな桜の通り抜けを、ぜひ2015年も見に来てもらいたいものである。

造幣局桜の通り抜けの方法「南門から北門へ」

というわけで、そんな造幣局の桜の通り抜けであるが、最後に造幣局の桜の通り抜けの方法についてお伝えしておこうと思う。桜の通り抜けの方法は

「造幣局南門(天満橋側)から北門(桜宮橋側)への一方通行(距離約560メートル)」
引用元:造幣局ホームページ

ということになる。もし初めて桜の通り抜けに来られる方は、場所が分かりにくいかと思うが、周辺には川崎橋やコンビニなどもあるため、天満橋周辺のコンビニの店員に聞けば、場所が確実に分かるかと思うので、もしも迷った際はコンビニの店員や、もしくは造幣局の正門には常に警備員が立っているため、警備員に聞いて頂ければ確実にお分かり頂けるだろう。ということで以上が桜の通り抜けの方法となる。必ず南門から北門への一方通行となっているため、他の人の妨げにならないように、一方通行のルールは厳守して頂きたいと思う。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top