EAT-MEN

Read Article

ドイツの格安航空旅客機墜落で「約150人の安否が分からず」と大騒ぎに


ドイツの格安国空気の旅客機が墜落したという情報が、少し前に入ってきたことが分かった。このドイツの格安航空の旅客機が墜落したことにより、約150人の安否が分からなくなっているそうである。ちなみに墜落したと思われる場所については、フランス南東部のアルプス山脈沿いの地域にて、墜落したようである。これに対してフランスのオランド大統領は「詳しい状況は現在まだ分からないが、しかし乗客の安否については、極めて厳しいと言えるだろう」と話していたそうだ。

今回のどいつの格安航空旅客機が墜落したのは、一体何が原因だったのだろうか。これについては「高度が徐々に下がっていき、そして連絡が途絶えてしまった」という情報が流れているのだが、なぜ突然高度が下がってしまったのか。そしてさらに現在速報で分かったことが「生存者は1人もいない」ということである。乗客に関してはほとんどがドイツ人であったことが明らかとなっているが、日本人がいないとも限らないため、現在捜査している最中ということである。ではなぜ、今回このような事故が起こってしまったのだろうか。

 

 

ドイツの格安航空旅客機が墜落「生存者は0」と絶望の声

ドイツの格安航空旅客機が墜落してしまった事により、約150人の乗客が乗った旅客機が墜落してしまい、本当に残念なことに現時点で生存者は確認できていないようだ。この中に、日本人がいないことを祈るばかりだが、現在ドイツの人たちはかなりの衝撃を受けていることだろう。今回このような旅客機墜落事故が起こってしまった原因は、現在の所まだ分かっていないそうだが、旅客機乗っていた人たちや、載っていた人たちを亡くした家族は、現在どういう心境なのだろうか。考えるだけでも胸が痛いが、そんな今回の事故に関して、ネット上の声の一部を取り上げていく事にする。

 

 

ドイツの格安航空旅客機が墜落「近々ドイツに行くのに」という声も

ちなみにどのような声が挙がっているのかをお伝えしていくと

このような声が挙がっている。
色々な人の声を見ていると「近々ドイツに行く」という人のつぶやきが意外と多いことが分かったのだが、このことから「日本人が乗っていた可能性」というのも、もしかすると可能性としては、ないこともないと言えるだろう。もちろん、日本人の犠牲者が出ないことを祈っているが、仮に犠牲者が出てしまっていたとすれば、本当に悲しいでは済まされないことだと思う。とにかく今は日本人の犠牲者が出ていないことを祈っている。

そしてもう1つ気になるのが「テロじゃないよね?」という声であるが、テロの可能性はこの時の状況から考えると非常に可能性としては低いだろう。実はこの時

フランス南部では、地中海やイベリア半島付近にある低気圧の影響で、旅客機が消息を絶つおよそ4時間前の日本時間の24日午後3時には、南から雨雲が流れ込み始めていた
引用元:NHKニュース

ということが分かっているそうで、もしかしたら、この低気圧の影響で期待に何らかのトラブルが生じたのかもしれない。しかし、旅客機はそのような状況も想定して造られていると思うので、低気圧によって事故が起こるとは考えにくいのだが、現在は当時の状況は分からないということで、また分かり次第ニュースで取り上げられると思うので、その時に確認して頂きたい。今回事故にあわれた方には、心からご冥福を申し上げる。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top