EAT-MEN

Read Article

宮原知子「英語でインタビューに答えるのが凄い」と話題に 話せる理由は外国に住んでいたのが原因か

宮原知子は、2015年の世界フィギュア選手権に出場することで現在話題となっているが、そんな宮原知子には「英語でインタビューに答えることが出来る」という、意外な一面があるようだ。そもそも、なぜこれほどまでに英語を話せるようになったのか。その原因について探っていきたいと思う。

 

 

宮原知子 英語でインタビューに答えれるのは 両親が原因か

さて、宮原知子が英語でインタビューに答えられる原因として、まず1つ目に考えられる原因としては「もしかしたら両親のどちらかが外国人なのではないか」という疑惑である。確かに親のどちらかが外国人ならば、自然と英語も覚えられるはずなので、知らない間に上達していくと思われるが、実際宮原知子の父、母共に日本人であることが分かった。そしてついでに補足しておくと、なんと両親ともに医師であるということが分かったのである。

両親ともに医師なのだから、普通は子供も強制的に医師になっていそうだが、宮原知子は実際フィギュア選手になった。そしてフィギュア選手になってからは、世界で活躍するほどの選手になった。これに関しては両親も自分の娘がフィギュア選手として有名になってくれて、純粋に嬉しいかと思うが、ではなぜ宮原知子はいきなりフィギュア選手になりたいと思いだしたのだろうか。実はこれには次にお伝えする「宮原知子は外国に住んでいた」というトピックで明らかとなるのだが、英語のインタビューに答えられる原因としては、両親が医師だったからというのは、違ったという結論に至った。

 

 

宮原知子 英語でインタビューに答えれるのは 外国に住んでいたのが原因か

さて、宮原知子が英語を話せる2つ目の理由の検証として「宮原知子は小さい頃に外国に行っていたのでは」という疑問が湧いてきた。そして実際に小さい時の宮原知子の情報について収集してみると「両親と共に7歳までアメリカに住んでいた」ということが判明したのである。というわけでどうやら英語でインタビューに答えられるぐらい英語を話せる理由はアメリカに住んでいたからという風に考えられそうだが、では、それとフィギュア選手になるキッカケとどのような関係があるのだろうか。

実は、宮原知子がアメリカに住んでいる時だが、まだ宮原知子が4歳の時に両親がいきなり「スケートやってみる?」と、問いかけてきたそうだ。そして実際にスケートをやってみたところ、当時の宮原知子は楽しくて楽しくて仕方がなかったそうだ。そんな経験があり、本格的にスケートを始めたというわけである。そうして始めたスケートだが、つい最近では四大陸フィギュア選手権のショートプログラムにて、女子1位を獲得している。その為、今回の世界フィギュアでも注目されているというわけだ。そんな世界フィギュアの女子ショートプログラムの放送がいよいよ明日に迫っている為、現在さらに話題となっているが、宮原知子が果たしてどのような演技を見せてくれるのか。これは期待である。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top