EAT-MEN

Read Article

フランクワイルドホーンが婚約した和央ようか「今年の夏に結婚する」と宣言!

フランクワイルドホーンが婚約していた、元宝塚の和央ようかが、先ほど「今年の夏に結婚する」と宣言したことが明らかとなった。そして和央ようかは「今年の12月のコンサートには二人で立ちたい」と、心境を語っていたそうだが、そんな元宝塚の和央ようかや、婚約者のフランクワイルドホーンについて、出会いのキッカケや、なれそめなどをお伝えするとともに、フランクワイルドホーンのプロフィールなどについても、お伝えしておこうと思う。

 

 

フランクワイルドホーンが婚約した和央ようか「ハワイで挙式をしたい」との心境

フランクワイルドホーンの婚約者の和央ようかが、とうとう結婚することが分かり、ネット上で話題となっているが、そんな和央ようかは「フランクワイルドホーンとはハワイで挙式を挙げたい」と宣言していたそうだ。確かに、挙式といえば一番の理想はハワイであるが、住むとなるとまた話は別である。そんな和央ようかとフランクワイルドホーンは、そもそもどのような出会いがキッカケで現在の結婚まで至ったのだろうか。

フランクワイルドホーンと和央ようかが初めて出会ったのは、2006年に行なわれた宝塚の対退団公演がキッカケであったそうだ。和央ようかが宝塚を退団する時に、宝塚側が、フランクワイルドホーンに作曲依頼をしたそうである。その後二人は何度も一緒に仕事をしていたそうで、仕事の度にフランクワイルドホーンは和央ようかに花束を送るなど、熱烈なアピールをその当時からしていたという。そして最初に出会ってからは、複数人で食事をしたり、メールのやり取りをする仲だったが、一昨年頃の夏からいきなり交際が発表されたということだ。

 

 

フランクワイルドホーン「私が私らしくいられる」と和央ようかに絶賛

さて、ここからは和央ようかが結婚することを発表したフランクワイルドホーンについて、どのような人物なのかをお伝えしていこうと思う。フランクワイルドホーンは今は55歳でバツ2で、子供が2人いるのだそうだ。バツ2ということで、若い頃のフランクワイルドホーンはかなりモテていたのだろう。そんなワイルドホーンは15歳の時から作曲を始めたそうで、1999年には3作を同時上映したことでそこから一気に話題となっているのである。

実は2002年の冬季オリンピックの閉会式の曲も作曲されていたそうで、ここにきてなかなか有名な作曲家だったんだということが分かってきただろう。そして2015年には「デスノート」の作曲も手がけるということで、話題となっている。ちなみにそんなフランクワイルドホーンに対して、和央ようかは「私が私らしくいれる」「穏やかで温厚な人」と、フランクワイルドホーンを大絶賛しているようだ。そして現在もいまだにラブラブだということで、これから結婚式を挙げて婚約した際には、ずっと二人仲よく暮らしていってほしいと思う。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top