EAT-MEN

Read Article

本田望結の長女の真帆以外は「兄弟4人ともスケートの実力が神レベル」と話題に

本田望結は「家政婦のミタ」や「逃走中」にて有名となった子役であるが、そんな本田望結の長女で真帆以外はみんなスケートをやっていて、しかもその実力はかなりのものだという。ネット上では「神が降臨」とツイートしている人がいるほど、その実力は凄いという。ということで今回はそんな本田望結の長女、真帆以外の兄弟4人のスケートの実力について、お伝えしていこうと思う。

 

 

本田望結の長女の真帆の他は、スケートの実力がダテじゃなかった!

本田望結は現在人気子役として注目を集めているが、子役という印象が強すぎて、本田望結が「相当なスケートの実力の持ち主」ということを忘れている人や、知らない人も多いのではないだろうか。そこで本田望結のスケートの実力や、本田望結以外の4人の兄弟(真帆を除く)のスケートの実力についてまずはお伝えしていこうと思う(長女についてはまた別記事で取り上げようと思う)

まず、一番気になるのが何と言っても本田望結のスケートの実力であるが「かなりレベルが高い」と言っても良いだろう。本田望結のスケートの実力は「兄や姉が金メダル候補と言われているが、そんな兄弟よりも素質はある」と言われているほどだ、後で紹介するのだが、本田望結の兄と姉は正直言ってかなりの実力者であるが、そんな兄や姉をもしのぐほどの素質があると言われているのだ。過去、全国大会の3年生の部では優勝したりしたそうである。

そしてさらに凄いと言われているのが、小学6年生までが参加できる「全日本オービス選手権大会」と呼ばれるものがあるのだが、この全日本大会でも、当時は9歳だったのにも関わらず、8位で入賞を果たしており、このことからも本田望結のスケートの実力がお分かり頂けるだろう。今現在は子役に集中しているため、スケートの練習時間は他の兄弟と比べてなかなか取れないだろうが、それでも兄弟に負けないぐらいの実力があるということは、もし本田望結が子役になっていなかったとしたら、兄弟の仲でも一番の実力者だった可能性も考えられるのである。

 

 

本田望結の兄弟のスケートの実力を簡単に紹介

さて、ここからは「本田望結以外の3人の兄弟のスケートの実力」について、簡単にお伝えしていこうと思う。まず1人目に注目なのが長男の本田太一だが、本田太一はなんと日本スケート連盟の強化選手ということで、現在最も期待されている兄弟と言ってよいだろう。というのもノービスと言われるジュニア前の選手が参加する大会では、なんと4回優勝を果たしているのである。これは本物の実力者と言えるのではないだろうか。将来にとても期待である。

そして次に次女の本田真凜(まりん)であるが、本田真凜もかなりの実力者で、2014年の戦績を見てみると、4度出場して、全て2位~4位を彷徨っているのである。残念ながらまだ優勝したことは無いのだが、これから一気に伸びていくと言われている選手で、ネット上では「浅田真央の2代目」と言われているほどである。これからがますます楽しみな選手である。

最後に四女の本田紗来についても情報を収集したのだが、残念ながら今のところは四女のスケートに関する情報はなかった。しかし、四女の本田紗来について、どういう人物なのかについては大体分かったので代わりにそれを簡単にお伝えしておくと、現在本田紗来は、オスカーという事務所に、6歳ぐらいのころからすでに所属しているということである。そして本田紗来は「アナと雪の女王のスペシャルゲスト」として登場した過去があるそうで、本田紗来も負けじと有名人だというわけである。そんな本田紗来も「特技はスケート」というほどなので、現在はそこそこ上手くなっているのではないかと考えられる。

以上が本田望結や、兄弟のスケートの実力である。本田望結は現在は子役として活躍しているが、もしテレビ出演などが少なくなってしまった場合でも、今度はスケートの分野で活躍されると思われるため、これからが本当に楽しみな子役(タレント)である。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top