EAT-MEN

Read Article

大阪桐蔭の裏金問題に「甲子園で生徒が頑張っている時期に発表しなくても」との声


大阪桐蔭の裏金問題について現在問題となり、話題となっているが、そんな中「甲子園で生徒が頑張っている時にこの話題を出す必要はないんじゃないか」という声が目立っている。大阪桐蔭の裏金問題については、20年以上前から不正が行われていたそうで、裏金の使い道についても、また凄い批判のキッカケとなっているのである。そこで今回は大阪桐蔭の裏金について、分かっていることをお伝えしていこうと思う。

 

 

大阪桐蔭の裏金問題 使い道に対して批判の声が殺到

さて、大阪桐蔭の裏金問題について、現在分かっていることをお伝えしていくと、最初大阪桐蔭の裏金問題は「10年以上前から行われていた」と、昨日の昼の時点では報道されていた。ところが、昨日の夜にはその不正は20年以上前から行われていたということが分かったのだある。それは、もっとも古い隠し口座で、1992年の口座が見つかったことが明らかとなったからである。そしてさらに問題なのが、大阪桐蔭の裏金の使い道なのだが、学校幹部の飲食代。そしてさらにブランド品の購入などに隔てられていたということである。

ちなみに裏金については保護者から徴収した教材費の一部や、模擬試験料の一部を使っていたという風にみられる。教材費の裏金だけでも3億円以上あったとされており、このことから教材費として随分余分な教材費を徴収していたということが分かるだろう。さらに、約三億円の中で約半分の裏金がブランド品の購入に隔てられていたということで、ネット上ではかなり批判の声が挙がっているのである。その他に裏金を集めていたところとしては、英語の検定料などで1000万以上集めていたとされていて、さらに前の校長やその親族たちには2013年以降に合計して「約1700万円」が振り込まれていたそうだ。

 

 

大阪桐蔭の裏金問題により「甲子園への影響はあるのか」と心配の声

そして大阪桐蔭の裏金問題が発覚したことにより、ネット上では「生徒が甲子園で頑張っている時に、今この話題を出さなくても…」「甲子園への影響はあるのか」と言ったような声が目立っているのだが、確かにそこに疑問を持つ人は多いだろう。甲子園への影響があるのかについては現在の甲子園事態に問題はないと思われるが、生徒のメンタル面などに問題が出てくるのでは、という風に私は感じる。そして裏金問題により、大阪桐蔭を白い目で見る人たちも少なくとも何人かはいると思うため、罪のない生徒がそのように見られてしまうことが、問題だと思う。

そして「甲子園で頑張っている時期に裏金問題の話題を出さなくても良いじゃないか」という意見だが、確かに私もそう感じる。だが、大阪桐蔭が良い成績を収められたとして、もしもその直後に裏金問題が発覚したらどうなるだろうか。それこそ「裏金で大阪桐蔭が勝つようにさせたんだろう」というような噂が立ってしまい、それこそ生徒の為にならなかったと思う。確かに今の時期にこのような話題はタイミングが悪かったと思うが、後の事を考えると、今報道せざるをを得なかったのかなと思う。そして、裏金問題は気にせず、生徒たちには甲子園を再び頑張って欲しいなという風に思う。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top