EAT-MEN

Read Article

鈴木雄介選手が競歩にて「違反ゼロの上に世界記録保持者のイケメン野郎」と話題に

鈴木雄介は3月15日の全日本の競歩選手権にて、1位となり、しかも自己ベストを1分37秒も更新し、1時間16分36秒という、とんでもなく早い記録を叩き出した。しかもこの記録は世界新記録であるというから驚きである。そしてそんな鈴木雄介選手はなんと過去に1度も違反を起こしたことがないという、まさにイケメン野郎なのである。そこで今回はそんなイケメン野郎の鈴木雄介について、もう少し詳しい詳細についてお伝えしていこうと思う。

 

 

鈴木雄介選手 競歩で今までに違反ゼロというイケメン野郎だったと話題に

さて、鈴木雄介選手について、詳細をお伝えしていこうと思うが、まず、鈴木雄介選手が世界記録を出したタイムである1時間16分36秒というタイムの前は1時間17分2秒が世界記録のタイムであったそうだ。約40秒も差があるということで、これだけの差を競歩でつけようと思ったら、相当大変だということは、想像してみれば予想がつくだろう。そんな鈴木雄介選手が本格的に競歩を始めたのはまだ中学生の頃だったそうで、中学時代からすでに「3000mと5000m」の中学の最高記録を総なめしていたそうだ。

このころから鈴木雄介選手は競歩の才能があったのだろう。そして高校に進むと、もちろんそのまま競歩を続け、2004年の陸上選手権や、2005年の世界ユース陸上選手権にも出場して、そして、全国高等学校総合体育大会でも優勝したそうである。競歩を始めた時からずっと優勝してきているのである。ここまで来ると鈴木雄介選手は世界記録を残したいという想いが強くなったのだろう。しかし、その後の競歩での成績は8位だったり36位だったりと、思うような結果を残せなかったが、去年のアジア競技大会では2位となり、そして今年の全日本競歩能美大会では、見事1位、しかも世界記録という記録を作ったのである。

 

 

鈴木雄介選手「競歩以外での普段の顔が気になると」話題に

そんな鈴木雄介選手だが、意外と多かった声が「鈴木雄介選手の普段の顔が気になる」ということだった。確かに、競歩の事ばかり話題になっており、鈴木雄介選手がどのような人物なのかというのがあまり浸透していないように思う。そこで今回はそんなネット上の声にお応えするために、色々と情報を収集してきた。まず、鈴木雄介選手には「彼女はいるのか?」ということについてである。なんせ鈴木雄介選手は結構なイケメンなため、一番気になるところだと思ったからだ。結論としては「現在は彼女はいない」ということが分かった。

やはり世界記録を出すぐらいの実力があるとなると、競歩の事で頭がいっぱいなのだろう。こう考えると、もうしばらくは彼女も出来ないだろうと思う。そして鈴木雄介選手は「競歩ではどれぐらいの速度で走るのか」という、競歩の質問に関しても疑問の声が多かったのでお伝えしておくと「1分間で80m歩く」ということが分かった。これは完全に運動不足の人が走るスピードと同じぐらいの速度となるだろう。ということで以上が鈴木雄介選手に関しての補足情報である。鈴木雄介選手はまだまだ可能性があるため、これからも是非頑張って欲しいものである。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top