EAT-MEN

Read Article

上村愛子と皆川賢太郎の結婚生活が暴露され「旦那の収入源はどこからきてるのか」と話題に

上村愛子の旦那である皆川賢太郎との結婚生活が「アナザースカイ」にて明らかになることが分かった。上村愛子や皆川賢太郎については、最近あまり知られていないのではないだろうか。上村愛子はモーグルの選手として有名で、旦那の皆川賢太郎は実はある職業で有名なのだが、皆川賢太郎を知らない人からは「皆川賢太郎の収入源ってどこからきてるの?」と疑問に思っている人が多いそうである。そこで今回は上村愛子のモーグルのエピソードについてや、皆川賢太郎の知られざる職業について、お伝えしていこうと思う。

 

 

上村愛子「モーグルでの採点の判定がおかしい」と過去に話題に

さて、このトピックではまず上村愛子のモーグルでのエピソードについてお伝えしていくが、そもそもモーグルとは、スキーにおけるフリースタイルの競技の一種である。ターン技術、エア演技、スピードに対するターン点、エア点、タイム点から得点を採点する競技である。そんなモーグルの選手であるのが上村愛子なのである。さて、そんな上村愛子が以前にソチ五輪で、モーグルにて上村愛子は、その時の女子全体で最速タイムを叩き出したそうで、誰もが上村愛子が入賞、もしくは優勝すると思われていた。が、結果はなんと4位という結果に終わってしまったのである。

この結果に対し、ネット上では「タイムは一位だし、滑りもとてもダイナミックだったのになぜ4位なのか納得できない。やはり小柄な日本人には不利なのか」「何度見ても上村愛子の4位は納得できない」という声が当時、沢山挙がっていた。しかもこれは日本だけではなく、世界中でも同じ意見が出ていたようだ。ところが、よくよく冷静に考えてみると、この得点の結果はあながち間違ってはいなかったのである。

その理由としてはモーグルの採点方法に鍵がある。モーグルの採点方法はターン、エア、スピード点の3つによって決まるのだが、その得点の比率が「ターン15点、エア7.5点、スピード7.5点」の計30点満点なのだが、上村愛子はこの時スピードは速かったのだが、スピードの得点の比率を見ると、あまり得点の重視にはなっていないことが分かる。そして上位3位に入った選手はみんな「スライドターン」と呼ばれるターンをしていたのに対し、上村愛子は「カービングターン」というターンをしていたそうだ。この年はどちらかというと「スライドターン」の方が評価されていたため、これが上村愛子の敗因になったということである。

 

 

皆川賢太郎に「収入源はどこからきているのか」と疑問の声

さて、そんな上村愛子の旦那である皆川賢太郎には、ネット上で「皆川賢太郎の収入源はどこからきているのか」と、話題になっているそうである。確かに皆川賢太郎は一度もメダルを取っていないにも関わらず、実際の暮らしぶりを見てみると、結構贅沢な生活をしているということで「一体なぜ」という声が挙がっているのである。確かにこれは誰もが疑問に思うであろう。ここで皆川賢太郎の職業の正体を明かすと「トップスキーヤー」なのである。

ちなみにスキーヤーとは、単純にスキーをするだけでお金をもらえるというものだが「一体なぜスキーをするだけで?」と思うかもしれないが、スキーをすることによって企業の宣伝にもなるからである。つまり宣伝料と考えて頂くと分かりやすいかと思う。そしてそんなスキーヤーの収入源は、主にスポンサーや用具メーカーとの契約金や、広告契約やイベントのギャラがほとんど占めるそうだ。そしてそんなスキーヤーも、トップスキーヤとなると「年収10億円」という収入にもなるそうだから驚きである。

そして皆川賢太郎は実際に日本では数少ないトップスキーヤーなため、それで大量の収入をもらっているということなのである。ちなみに皆川賢太郎はインタビューにて「現在の年収は数千万円」と言っていたそうで、皆川賢太郎がトップスキーヤーであることがこれで証明できる。ということで、以上が上村愛子の旦那の皆川賢太郎の収入源の話になる。そんな上村愛子が3月27日のアナザースカイに出演するそうで、そこでは現在の夫の皆川賢太郎との結婚生活を明らかにするそうで、現在とても注目が集まっているため、気になる方は是非お見逃しの無いよう、注意して頂きたい。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top