EAT-MEN

Read Article

大阪桐蔭の前校長の名前は「森山信一」ということが判明し、さらに裏金以外での不祥事にも大バッシング


大阪桐蔭の前校長の名前については森山信一ということが明らかとなったそうだが、そんな森山信一は裏金を給与以外に別でもらっていたということで、ネット上で大バッシングを受けているのである。そこで今回はそもそも大阪桐蔭の裏金問題とは何なのかということについてや、裏金騒動の騒動の原因となった森山信一について、お伝えしていこうと思う。

 

 

大阪桐蔭の裏金問題で「5億円以上も裏金を使っていた」と知り、批判の声殺到

ということで、大阪桐蔭の裏金問題について「そもそも大阪桐蔭の裏金問題について良く分からない」「話題に取り残されてしまった」という人の為に、まずは簡単に大阪桐蔭の裏金問題についてお伝えしておくことにする。大阪桐蔭は甲子園強豪出場校としても有名であると思うが、そんな大阪桐蔭が「裏金を1億円使っていた」と、最初のニュースで報道されたのであった。それからしばらくして、なんとさらに「5億円裏金として使っていた」ということが暴露されたのである。

1億円でも相当な額なのに5億円と分かった時は、ネット上だけにはとどまらず、リアルな人たちからも「ふざけるな」という声が殺到していたのである。それもそうだ。実際に裏金の使い道について明らかとなったのが「ブランド品の購入」や「接待やゴルフのお金」として使っていたことが明らかとなったからである。さらに問題となったのが「給与とは別に、前校長やその家族などにも、裏金のお金を毎月支払っていた」ということである。これが大阪桐蔭の裏金の真相である。

 

 

大阪桐蔭の前校長の森山信一は毎月50万円振り込まれていたことが発覚

さて、先ほど前校長の森山信一には裏金が振り込まれているということをお伝えしたが、そんな森山信一はなんと「毎月50万振り込まれていた」ということが分かった。そして大阪桐蔭に勤めていた男性教員がいたそうだが、その男性教員が突然前校長から「エルメスのスカーフ」をもらっていたそうである。そんな森山信一は他にも先ほどお伝えしたゴルフなどの娯楽に、裏金を使っていたという。このような行為が許されるはずもなく、森山信一は現在業務上横領容疑として、刑事告訴されるかが、検討されているということであるが、恐らく刑事告訴は免れないだろう。

そして大阪桐蔭の前校長には、校長をやめる際にも、不祥事を行なっていたということが分かったのである。それが「やらせ受験」と言われるものだ。やらせ受験とは「大阪桐蔭を受ける気がない人」にも無理やり受験させることにより、受験者数が増えることになる。そうなるともちろん偏差値も上がってくるため、前校長は「大阪桐蔭の偏差値を不正に上げるため」にやらせ受験をさせていたということである。

さらに不祥事疑惑は続き、それが「娘を不正入学させていたかもしれない」という事実である。娘は関西大学に入っていたようだが、この娘を好調の権限を使い、指定校推薦枠の締め切りが過ぎていたのにも関わらず、不正入学させたという噂である。あくまでこれは噂なので本当か同課は分からないが、それぐらい森山信一前校長には権力があるということである。どうやら森山信一には誰も逆らえないようだ。以上が今分かっている前校長のことについてである。また何か分かり次第、随時お伝えしていこうと思う。

URL :
TRACKBACK URL :

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 沼野 入試企画・渉外部長、兼教育相談室長
    長女
    関大不正入試の怪文書の主は次女ゆかり
    大阪桐蔭 沼野 でググれば、写真もあるよ。

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top