EAT-MEN

Read Article

皆川賢太郎に「2000万の愛車を買う収入はどこにあるのか」と疑問の声が殺到

上村愛子が3月26日のアナザースカイに出演し、旦那の皆川賢太郎との結婚生活が明かされるということで、「皆川賢太郎ってどんな人物なのか」と、現在話題となっているが、そんな話題になっている皆川賢太郎にはさらに収入についての疑惑の声も挙がっているそうで「メダルも取っていないのに、一体なぜ2000万の愛車を買う収入があるのか」と、話題になっているそうだ。そこで今回は皆川賢太郎について重点的にお伝えしていこうと思うが、その前にまずは「そもそも上村愛子と皆川賢太郎はどこで出会ったのか」という二人の馴れ初めについても、先にお伝えしておこうと思う。

 

 

上村愛子と皆川賢太郎の馴れ初め「初デートは東京タワー」と判明

さて、上村愛子と皆川賢太郎の馴れ初めについて初めにお伝えしていくが、二人は元々は顔見知りという程度で、会ったら挨拶をかわすという程度の仲だったそうだが、長野の野呂温泉でのイベントがキッカケで上村愛子と皆川賢太郎は意気投合し、急速に仲良くなったそうだ。意気投合した二人は、最初に食事に行ったそうだが、食事に誘ったのは皆川賢太郎だそうだ。そして、上村愛子の惹かれたところについて、皆川賢太郎は「嘘偽りのない純粋なところ」と発言していたという。

確かに、純粋な女性というのは魅力的に見えるものであるが、それをきっかけに皆川賢太郎は上村愛子に惚れ、二人は2012年の6月11日に交際を始めたそうだ。交際を始めて最初のデートは、東京タワーでデートをしたという。しかも初デートの日は12月25日のクリスマスという、まさにロマンチックな初デートとなった。この初デートは、二人にとっては忘れられない初デートとなったことだろう。そんな事もあり、皆川賢太郎はついに「僕と結婚して下さい」と、純粋に直球でプロポーズを申し込んだそうで、それに対する上村愛子の返事は「はい、よろしくお願いします」という返事だったという。以上が二人の馴れ初めとなる。

 

 

皆川賢太郎「2000万の愛車が買える収入はどこにあったのか」と疑問の声

さて、上村愛子と皆川賢太郎の二人の馴れ初めが大体分かったところで、次はいよいよ皆川賢太郎の収入についてお伝えしていく事にする。そもそも皆川賢太郎を知らない人からしたら「皆川賢太郎はメダルを1枚も取っていないのに、どうして2000万の愛車が帰るぐらい金持ちなんだ」と、疑問に感じるかもしれない。確かにスキーの選手として、メダルを1枚も取っていないのにも関わらず、高級な愛車を買えるというのはおかしな話である。

実は皆川賢太郎は、スキー選手というよりは「トップスキーヤー」であることが分かった。「スキーヤーってなんだ?」と思った方も多いと思うが、スキーヤーとは簡単に言えばスキーを滑ってお金をもらえるというものである。「え、スキーを滑るだけでお金をもらえるってなんで?」と思うかもしれないが、要は「企業の宣伝」になるため、お金がもらえるということである。CMに出演するだけでお金がもらえるのと同じ理屈だと考えて頂ければ良い。

そしてスキーヤの仲には「トップスキーヤー」と呼ばれる人たちがいて、日本人でもほんの一握りがトップスキーヤーだそうだが、その一握りの中に皆川賢太郎が入っているのである。なので収入源については主に用具メーカーやスポンサーとの契約金や、イベントのギャラやさらに広告契約によって、ギャラが発生するというわけである。要は沢山のスポンサーなどと契約を結ぶことによって、それに比例してイベントなども増えてくるため、必然的に収入が上がってくるというわけだ。これもCMの考え方と同じである。

皆川賢太郎はスキーヤーの仲のトップスキーヤーなため、もちろん収入も多く「最近では億まではいかないが、月に数千万ぐらい」と、インタビューにて暴露していたそうだ。最強のトップスキーヤーともなると「年収10億」という世界なので、皆川賢太郎は今後もさらに収入が上がってくることが予想される。以上が、皆川賢太郎の収入が多い原因である。ちなみに3月27日のアナザースカイでは、上村愛子と皆川賢太郎の結婚生活が垣間見れるため、是非楽しみにして頂ければと思う。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top