EAT-MEN

Read Article

副操縦士のアンドレアス・ルビッツが 意図的にドイツ旅客機を墜落させた可能性にネット上騒然


副操縦士のアンドレアス・ルビッツが、ドイツ旅客機を意図的に墜落させたかもしれないという情報が先ほど入ってきた。実は今回と経緯が全く同じ事件が過去にあったことを、先日テレビで見たのである。副操縦士がドイツ旅客機を墜落させたやり方と、テレビで放送していた過去の操縦士の墜落のさせ方の疑惑と、まったく同じであるということに気が付いた。もう二度と同じ過ちは犯してはならないと言っていたばかりだったのに…ということで今回は、副操縦士のアンドレアス・ルビッツについて、現在分かっていることを出来る限りお伝えしていこうと思う。

 

 

副操縦士のアンドレアス・ルビッツ 意図的にドイツ旅客機を墜落させた情報に怒りの声

さて、副操縦士のアンドレアス・ルビッツが意図的にドイツ旅客機を墜落させた可能性があると報道されていたが、どうやらそれが確実なものとなってきてしまったようだ。旅客機などの飛行機には必ずボイスレコーダーが設置されているのだが、そのボイスレコーダーをドイツ旅客機が墜落した現場から見つけ出し、ボイスレコーダーの音声を確認したところ、機長と副操縦士の二人のやり取りが聞こえ、機長が副操縦士に操縦を任せ、コックピットを出た瞬間に、中から鍵を閉められたそうで、その後、アンドレアス・ルビッツがドイツ旅客機を急降下させ、そして墜落させたということだ。

副操縦士のアンドレアス・ルビッツが意図的にドイツ旅客機を墜落させたことに対して、ネット上では怒りの声が沢山挙がっており、例えば最も多かった声が「なんて愚かな。自分だけならともかく、周りの人を巻き込むなんて考えられない」というような声が非常に多かった。私もこれには全くの同意見で、なぜ副操縦士のアンドレアス・ルビッツは周りの人まで巻き込んでしまったのか。そしてこのような事件は実は過去にも(その事件の真相は分からなかったが恐らくそうと仮説されている)あったそうだ。

 

 

副操縦士のアンドレアス・ルビッツがドイツ機墜落のような墜落事故は 過去にもあった可能性が発覚

しかもその時は密かにボイスレコーダーの電源をパイロットが意図的に切ってしまっていた可能性があり、真相は分からなかったそうだが今回のように基調がコックピットから出て行ったあと、副操縦士は鍵を中から絞め、そして期待を急降下させて多くの命を奪ってしまったという出来事が、過去にもあった可能性が高いとされている。あくまで真相はお蔵入りとなっているため、色々分析した結果、考えられる原因としては一番有力なのがこの説だったそうだ。

当時はかなりの急降下だったそうで、今回緩やかな急降下ではなかったという。それにしても今回のドイツ機墜落の事件、あまりにも当時と状況が似すぎているため、今後は二度とそのような事件は起こしてはならないと言われていたのに、また同じような墜落事故を起こしてしまい、非常に悔しい思いでいっぱいである。今回のドイツ機墜落事故では、日本人の2人が亡くなっていることも明らかとなっているため、「なぜ一人の副操縦士の為に…」と、非常に悔しい思いである。またその他に分かったことがあれば、随時お伝えしていく事にする。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top