EAT-MEN

Read Article

宮原知子の母は医者だったことが発覚「なぜ宮原知子は医者にならなかったのか」と疑問の声

今回は、宮原知子の母の職業についてお伝えしようと思うが、そんな宮原知子が、四大陸選手権で惜しくも2位となってしまった。SPでは見事1位だったため、今回のフリーではかなり期待されていたことだろうが、そのプレッシャーに押しつぶされてしまったのかもしれない。

実際に演技を見ていたのだが、最初の3-2-2のジャンプでのミスが、大きく響いてしまったのかもしれない。だが、それでも後半は素晴らしい演技だったため、結果、2位で終える事が出来た。そんな宮原知子の母だが、どうやら宮原知子の母は医者だという話だが、これについて本当なのか?というのを私がきちんと調べてきた。

 

 

宮原知子の家族は医者家計だったことが判明「なぜ医者にならなかったのか」との声

さて、そんな宮原知子の母だが、果たして本当に医師なのかどうかというのを、様々な視点から確認してきた。まず、この母が医師というのは間違いなさそうだ。様々な所から調べたが、Wikipediaにも、医者の家系で育ったということが書かれており、そして宮原知子自身も母親は医者だということを自ら言っていたのが分かった。そしてさらに母だけではなく、父も医者だということで、両親ともに医者だったというわけだ。

なぜ、宮原知子が医者にならなかった理由は母からの言葉が原因「スケートやってみる?」

そこで1つ疑問に感じると思うのだが、両親が医師ならほとんどの確率で医師になりそうなものだが、どうして宮原知子は医師にならなかったのか?という疑問だ。この疑問について総合的に情報を集めていった結果分かったことがあり、どうやら宮原知子の母が原因のようだ。

どういうことかというと、宮原知子の母が宮原知子が4歳の時に「スケートをやってみる?」と言われてやってみたそうだ。その時に滑ったスケートが本当に楽しかったようで、そこからスケートというスポーツにドハマりしてしまったようだ。こんなこともあり、宮原知子はスケートのプロを目指したというわけだ。

 

 

宮原知子の親が医師だということをさらに裏付ける証拠は学力の高さが原因か

そして、もうこの時点で宮原知子の母、父が医師であることはお分かり頂けたと思う。だが、これをさらに裏付ける事がいくつあり、そのうちの1つが、宮原知子は幼少期から7歳ごろまでヒューストンで生活していたということだ。

なぜヒューストンで暮らすことになったかを聞けば、母や父が医者だったことが分かると思うが、その理由として「父の留学の為」ということだ。つまり父が医者の関係でヒューストンに留学することとなったため、7歳までヒューストンで暮らすこととなったわけである。

そして2つ目に挙げられるのが、宮原知子の学力の高さだ。宮原知子は小学校時代から立命館小学校に通っており、そして高校では大阪の関西大学高等部に在学しているようだ。私は関西にいるので良く分かるのですが、関西大学高等部はかなり学力が高くないと入れない、有名な私立高校である。

偏差値にすると大体65は超えるぐらい難しいところなので、そこに入っているという時点でどちらかというと頭が良い方と言えるだろう。

もちろん、宮原知子は人よりも何倍も努力する(これは宮原知子を見ていて分かったが、やると決めたことは相当努力している)ということなので、その要素もあったからとも言えるが、その頑張れるところも両親の遺伝からというのも考えられます。
こういう所からも、医者である両親の血を受け継いでいると言えるだろう。

以上、このような点から、宮原知子の母は医者だということは間違いないだろう。さらに、父も医者だということが分かった。
宮原知子も、母や父の血を引き継いでいるので、まだまだこれからさらに飛躍が期待できる選手となるだろう。将来が本当に楽しみな選手である。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top