EAT-MEN

Read Article

高砂淳二が未来シアターの最終回に登場!「最終回とか悲しすぎる」との声多数

未来シアターがついに最終回を迎えることとなったことが分かった。そんな最終回を飾る最後の革新者は「自然写真家・高砂淳二」であることが決定している。最後の革新者である高砂淳二が終わった後は、今までの革新者をダイジェストで紹介するそうだ。そこで今回は未来シアターの最終回最後を飾る高砂淳二について、お伝えしていこうと思う。

 

 

未来シアターが最終回という悲報 最後の革新者は自然写真家・高砂淳二と決定

未来シアターがとうとう最終回を迎えるということで、ネット上では悲しみの声が沢山集まっている。未来シアターは私もちょくちょく見ていた番組なので、いざ最終回となると、とても寂しい思いに駆られてしまうが、そんな最終回の美を飾るのは「自然写真家・高砂淳二」だという。では、高砂涼二とは一体どのような人物なのか。お伝えしていこうと思う。高砂淳二は日本の自然写真家であり、1989年に独立しているそうだ。そんな高砂淳二についてもう少し詳しく見ていく事にする。

高砂淳二

生年月日 1962年(月日は現在分かっていない)
出身地 宮城県石巻氏
学歴 宇都宮大学工学部電子工学科卒業
職業 写真家
参照元:Wikipedia

これが現在分かっている高砂淳二の詳細である。高砂淳二は、日本の写真家として、現在沢山の写真集を世の中に残し続けているそうだが、その中でも小学館を中心に写真を搭載しているということである。その後は「月刊ダイビングワールド」という、ダイビング専門誌の専属カメラマンとして働き、そして1989年には独立したという。そして高砂淳二がそもそもなぜ自然写真家になろうと思ったのかを簡単にお伝えしていくと、その天気は、ハワイにて起こったそうだ。

 

 

未来シアター最終回で明らかとなる高砂淳二の秘密

ハワイでの出来事について、ハワイのある先住民と出会い、そこでの先住民との生活の中での数々の素晴らしい自然を目の当たりにして、思わず自然に引き込まれ、そして感謝の念を持つようになる。「自然に入っていくのではなく、自然に入れてもらう」と、精神が悟っていったそうで、それからは撮影スタイルを自然へのアプローチに変化させていったという。この出来事までは、自分からズカズカと自然に入っていくような感覚だったそうだが、今の撮影スタイルは「自然を尊重し、愛情を込める」という撮影スタイルに変わっていったようだ。これが高砂淳二の今のあり方であり、自然写真家としての生き方だと、高砂淳二は語る。

そして今回の未来シアターではそんな高砂淳二が南米のボリビアにて「天空の鏡」という場所の撮影を目指す所に密着するということだ。天空の鏡とは、ウユニ塩湖と呼ばれる場所に、雨の季節の期間だけ見せる絶景だそうだ。この絶景については、今日の未来シアターの放送でお伝えされると思うので、是非興味のある方は見て頂きたいと思う。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top