EAT-MEN

Read Article

大塚家具の速報!久美子社長が株主総会にて勝利!「時代は変わった」の発言が現実に

大塚家具の久美子社長が株主総会にて勝利したことが、先ほど速報で明らかとなった。大塚家具の久美子社長と、父の勝久会長とが、経営方針をめぐり家族バトルが繰り広げられ、大塚家具は瞬く間に話題となった。この騒動が始まったのは、おおよそ一月ほど前の事ではないだろうか。娘の久美子社長は父の勝久会長の経営理念が気に入らず、父の退任を求めていたのに対し、逆に父の勝久会長は、娘の久美子の経営理念が気に入らず、退任を求めていたという、まさに家族内で経営理念に対する意見が別れていた。

最初は身内だけでのバトルだったのだが、次第にこの騒動はエスカレートして家族バトルにまで発展したというわけである。そしてその勝敗が先ほど速報で伝えられ「久美子社長が勝利した」という情報が入ってきたのである。勝因は「経営手法の違い」という事だそうだが、そんな二人の経営手法の違いについて詳しくお伝えすると同時に、この勝利に対してのネット上の声についてお伝えしていこうと思う。

 

 

大塚家具 株主総会は久美子社長が勝利!「勝久会長の敗因は経営理念にあった」と勝敗要因を解説

さて、大塚家具の株主総会で、娘の久美子社長が勝利した事について、最初はどちらかというと父の勝久会長の方が有利な状況であった。しかし、今回の株主総会では、娘の久美子社長が不利な中、勝利したといえる。ではなぜ、父の勝久会長は敗因し、娘の久美子社長が勝利したのか。その勝敗を分けた要因は「経営手法にある」という。大塚家具の家族間のバトルについて、あまり内容が分からない人の為に簡単に説明すると、父の勝久会長の方は、従業員がつきっきりで接客をする「お客様1人1人に丁寧なおもてなしをする」事による、会員制ビジネスを展開していたそうだ。

会員制ビジネスなのでもちろんサービスの方も万全な代わりに、家具なども一般より良い品を使っている為比較的高く高級品な為、普通の生活をしている人には買えないという欠点があった。しかし、昔はバブル時代もあったため、景気がとても良かった為、それでも普通にやっていけたのである。むしろ昔はこの経営手法の方が良かったかもしれない。しかし、最近ではリーマンショックが起こったり何かと不景気なため、消費者も高級品よりもお手軽品を好むようになり、その結果業績はどんどん低迷していったそうだ。

 

 

大塚家具の株主総会で勝利した久美子社長の経営手法

そしてそれに対して娘の久美子社長は、父とは全く反対の経営手法を展開しようとしていた。今不景気のこの時代、いつまでも会員制ビジネスモデル手法で経営していては、大塚家具はどんどん売り上げも下降していくだろうと考えた久美子社長は、新しい経営手法として「ニトリのような安くて誰でもお手軽に買えるような経営手法」これに切り替えていこうと提案していたのである。

だが父はこの手法に反対し、今まで通りの手法でやっていくと聞かなかった。それで今回の騒動が起こってしまったのだが、今の時代が何を求めているのかと考えた時、株主総会では久美子社長の経営手法の方が求められていると判断し、60%以上の人が久美子社長に賛成し、勝利したというわけである。以上が今回の大塚家具の家族内バトルの結末である。私もどちらかというと久美子社長の経営手法に賛成であった。やはり、一度成功したからと言って、いつまでもその手法で成功するとは限らないからである。

現状、大塚家具は最近では売り上げがどんどん低迷していた。時代は日々移り変わっていき、消費者の求められるものも時代によって変わってくるのである。そのため、経営をするなら消費者の目線に立ち、柔軟に対応していくべきだと私は思う。なので今回の結果に関してはこれで良かったのだと、私自身は思っている。こうして今回の大塚家具の家族内バトルに決着がついたわけだが、また父は諦めていない様子なので、もしもまた大塚家具に何か進展があった場合は、随時お伝えしていく事にする。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top