EAT-MEN

Read Article

大塚家具の社長「きれいでかわいい」の評判とは裏腹に パワハラ疑惑が発覚!社員に対して酷い対応で批判の声


大塚家具の久美子社長が、先ほど株主総会において父の勝久会長に勝利したことが明らかとなった。そんな久美子社長に対し「きれいでかわいい」というネット上の声とは裏腹にパワハラ疑惑も発覚しているのだ。例えば社員に対して「バカなんじゃないの」と言ったりしていたそうである。今回はそんな大塚家具の久美子社長が父の勝久会長に勝った要因と、社員に対してのパワハラ疑惑についての真相について、お伝えしていこうと思う。

 

 

大塚久美子社長の「47歳にしてはかわいい」という評判とは裏腹にパワハラ疑惑が発覚!

さて、大塚家具の久美子社長に「47歳なのにきれいでかわいい」と、密かにネット上で話題となっていたので確かめてみたが、確かに47歳にしてはまだ若い方だと思うしきれいで可愛いという印象は持ったが、そんな大塚家具の久美子社長は今回株主総会にて、結果として「61%賛成」に意見が出て、父の勝久会長に勝利したのである。なぜ久美子社長が勝つことが出来たかということについては次のトピックでお伝えしていくとして、そんな久美子社長に対して現在噂になっていることがあり、それが「久美子社長のパワハラ疑惑」なのである。

確かに、私の主観で申し訳ないが、パッと見た印象としては「厳しそうな人」という印象は受ける。お客さんには優しく、社員には厳しくと言ったようなイメージが強いのである。そう思っていた矢先、「大塚家具の久美子社長はパワハラを行なっていた可能性がある」という情報が入ってきたのである。その内容については「鬼のパワハラ言動」として、某写真週刊誌に取り上げられていたそうである。パワハラの内容については、社長室に報告に来た一部の社員に対して「バカじゃないの」「とても人間の考えるような事とは思えない」と言った発言を社員に対して行っていたそうである。

これが本当なら完全な人格否定であり、立派なパワハラである。久美子社長が仕事熱心なのは良く分かるが、それ故に自分が気に入らないことがあると、社員に「バカじゃないの」などと言うのは、やめて頂きたいと思う。そんなパワハラ行動の積み重ねで、社員からの評判が悪くなったりしたら、社員が仕事が嫌になり、お客さんにも影響して会社の売り上げが低迷してしまう恐れがあるからである。

 

 

大塚家具の久美子社長が父の勝久会長に勝利したのは「経営手法の差」と発覚

さて、そんな大塚家具の久美子社長は、父の勝久会長に勝利したのだが、その理由は「久美子社長の経営手法にあった」という。これに関しての詳しいことは、私の前の記事に書いてあるので、詳しく知りたい方はそちらをご参照いただくと、より分かりやすいかと思うが、ここで簡単に解説しておくと、久美子社長は「ニトリのような安くてお手軽な商品にして、誰でも買いやすいような商品を作っていこう」と言った経営理念である。

これに対して父の勝久会長は「質とサービスを重視し、会員制ビジネスで徹底的に従業員がつきっきりで接客をする」と言ったものである。そして今の不景気の時代に、果たしてどちらの経営手法が求められるかということを考えた時に「安くて誰でもお手軽に」という意見に対しての賛成意見が多く、結果大塚久美子社長が勝利したというわけである。ということで大塚家具の騒動はこれにて決着がついた訳だが、大塚久美子のパワハラ騒動に関しては、現在完璧な真相は確認されていないが、もし本当なら、この先上手くやっていけるのか、心配である。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top