EAT-MEN

Read Article

造幣局から新幹線の記念硬貨や100円硬貨が発行で「これは欲しい」との声殺到

造幣局から新幹線の記念硬貨や100円硬貨が発行されることで現在話題となっているが、そもそも造幣局と言えばどのようなところか、大抵の人はご存じだと思う。ただ、大体の人の認識では「造幣局ってお金を作っている所だよね?」「1000円札とかも作ってるの?」と、意外と曖昧な知識の人が多いのではないだろうか。そんな造幣局に関して意外と知られていない事実や、そして新幹線の記念硬貨や100円硬貨などについても、詳しくお伝えしていこうと思う。

 

 

造幣局から新幹線の記念硬貨や100円硬貨が発行!入手方法について

造幣局の50周年記念貨幣として、今年はなんと「新幹線の記念硬貨」や「100円硬貨」が発行されることが分かっている。しかも今回は50周年ということで、いつもに増して気合が入っているということで、デザインも新幹線ということが決まり、いつも以上に申し込みが殺到しているということだ。今回、新幹線の記念硬貨には、主に2つの種類の硬貨があり、1つが100円硬貨、もう1つが1000円硬貨である。ちなみに100円硬貨についてだが、実はとても簡単で、金融機関の窓口にて「新幹線の硬貨と交換してください」というと、1枚100円で交換してくれるというわけである。

そして実は交換方法について、金融機関に行かなくても造幣局から近い人なら「直接造幣局の販売所にて販売している」のである。なので、造幣局の近くに住んでいる人は、是非造幣局で発行される記念硬貨を、造幣局で買ってみてはいかがだろうか。ちなみに数についてだが、今回100円硬貨は5種類の硬貨があるのだがどれも「大体230万枚ほど」と考えて頂ければ分かりやすいかと思う。ちなみにその中で造幣局で販売されるのは30万枚ジャスト、その他は金融機関にて交換してもらえるそうなので、出来るだけお早目に交換してもらうことをおススメする。というのも今回は新幹線の記念硬貨の為、すぐに無くなってしまうことが予想されるからである。

 

 

造幣局の新幹線の1000円記念硬貨「デザインが素晴らしい」と話題に

さて、次は意外と知られていない「1000円記念硬貨」についてお伝えしていこうと思うが、1000円記念硬貨は大きさで言うと大体だが500円玉4枚分ぐらいの大きさで、さらにカラーには虹色カラーを採用しており、見た目もとても美しいそうだ。そして1000円記念硬貨と言うだけあり、重さもズッシリと重みがあるそうだ。しかも、1000円記念硬貨は純銀製ということで、持っているだけでかなり価値のある物となるだろう。

しかし、1000円記念硬貨に関しては恐らくもう手に入らないかと思うので、どのような感じなのかということだけでも参考にお伝えさせて頂いた。1000円記念硬貨の虹色の印刷については、恐らくだが1つ1つ手作業で虹色に印刷していると思われる。どのように印刷しているのかは謎であるが、1枚1枚全て綺麗に印刷する技術に関しては、さすが造幣局と言ったところだろうか。そんな1000円記念硬貨はお値段は8300円ということで、これは新幹線ということと、純銀製ということを考えると、値段相応かそれ以上の品物になると考えられる。

造幣局の意外と知られていない真実

そして造幣局について意外と知られていない真実として「大阪の造幣局の場合は普通に工場見学することが出来る」ということである。なぜか意外と知らない人が多いのだが、造幣局のホームページにて詳細は書いてあるのだが、2か月前から電話にて予約を入れておくことで見学できるということだ。ちなみに私も1度工場見学に行った事があるが「作っているのがお金だけじゃない」ということが改めて分かったのである。

お金以外にも勲章と言われるものを作っており、例えば文化勲章や、天皇の首飾りまで手作業で作っていたのである。私が見た時はやすりのような物で勲章を削って形を整えていたのだが、全て職人たちの手作業だったということで、とても感心したのを覚えている。私も障害に1度は勲章をもらってみたいものである。ちなみに造幣局はお札は作っておらず、お札は印刷局にて作られているそうなので、その真実も伏せてお伝えしておく。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top