EAT-MEN

Read Article

マッサン エリー(竹鶴リタ)の死因と病気について マッサンを知らない人も分かるように解説


マッサン(政孝)が最終回をついに迎えてしまい、最終回のエリー(竹鶴リタ)の手紙には誰もが涙したと思う。そんなマッサンのエリーの病気と死因についてだが、実際にマッサンを見ていなくて知らないが、なぜ亡くなった。死因や病気のことについては知っておきたい人も多いかと思う。そこで今回はマッサンを知らない人の為に、分かりやすく病気や死因についてお伝えしていこうと思う(ちなみに今回は分かりやすいように、実際のエリー(竹鶴リタ)をモデルにお伝えしていこうと思う)

 

 

マッサン エリー(竹鶴リタ)の病気や死因「生まれつき病弱だった」

さて、ここではマッサン、エリーのモデルとなった竹鶴リタをメインにお伝えしていこうと思う。エリーのモデルであったリタは、1896年生まれだそうだ。そしてリタは幼少期から元々体が弱かったそうで、それは15歳から18歳まで学校にも通えなかったほど体が弱かったという。しかし、その後は段々と体質も強くなっていき、結果的には大学も通うことが出来るようになったそうだ。それから月日は流れ、マッサンと出会い、そしてマッサンと結婚したそうだ。

結婚してからしばらくして、子供を作ろうということになったそうだ。そして子供を作ろうとしたのだが、28歳の時に流産をしてしまう(これに関してはドラマでも描かれていたと思う)その後は医師からの「子供を産める体ではない」という宣告により、子供を産むことは断念してしまう。そしてその後は体調もすぐれない状態が続き(実は30代のころからも色々なことがあり、心も体も痛めていた(どうやら戦時中だったこともあり、心を痛めていたようだ)

 

 

マッサン エリー(リタ)60歳前後では入退院を繰り返し、肝臓病でで死去

そしてマッサンのエリー(リタ)は、60歳前後になると、体もずっと病気がちで、しょっちゅう体の調子が悪くなってしまっていた。そして実際にこの時期に入退院を繰り返していたということである。特に悪かった場所が肺や肝臓だったという。それまではリタは神奈川県で療養生活を送っていたそうだが、1960年の秋にマッサンと一緒に一生懸命ウイスキーづくりに専念した思い出の場所である北海道の余市に再び戻ってきたのである。これはリタの要望で戻ってきたそうだ。

そして1961年の1月に、肝硬変で亡くなってしまったのであった。なので死因は肝硬変ということになる。恐らく1960年のタイミングで余市に戻ってきた理由としては「もう自分の命は残り少ない」ということを。感覚で悟っていたからだろう。最後ぐらい思い出の地に行きたいということで、当時病気で苦しみながらも最後のこの地に訪れたのだろう。そして現在ではそんな想い出の地、余市にお墓をたてているそうだ。

そしてマッサンはリタが死んだときに孫の前で泣き崩れたという。それだけリタの事を愛していたということだろう。そしてマッサンは「余市に建てたお墓には、自分以外は埋めないでくれ」と頼んだそうだ。そしてその要望通り、現在はその場所に二人のお墓だけが残されているそうである。以上がマッサン(政孝)とエリー(リタ)のストーリーや、病気と死因であった。実際にはこのような事があったということで、これを知ったうえで再度ドラマを見ることで、よりドラマの世界観に入っていけるのではないかと思う。

ちなみにリタが死後のマッサンについては こちからご覧いただける。
リタの死後のマッサンが凄かったので、その後が知りたい方は上記から記事を読んで頂きたい。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top