EAT-MEN

Read Article

アイホーム 漫画のあらすじを原作から紹介「原作はかなりプレミアが付いている」と密かに噂に

今密かにアイホームというものが話題となっている。
そもそもアイホームという言葉自体聞いたことない人もい多いかと思うが、アイホームというのはある漫画(これが原作)の事なのだが、その漫画がドラマとなって放送されるということで話題となっている。
そんな話題となっているアイホームのあらすじや、原作についてお伝えしようと思う。

 

 

アイホームの漫画のあらすじについて

さて、そんなアイホームだが、まずあらすじについて紹介する前に、簡単にアイホームについて説明しておく。
この漫画の作者は石坂啓と言って、石坂啓は日本の漫画家である。
そしてこのアイホームは、ビッグコミックオリジナルにおいて、約1年ほど連載されたものだ。
アイホームはなんと一度、NHKのでドラマとして放送していたそうだ。
だが、その当時はアイホームについてあまり認知が無かったため、視聴率はあまり良くなかったそうだ。

そんな歴史のあるアイホームだが、このアイホームのあらすじが凄く面白そうだと、再び話題になっている。
ちなみにどんなあらすじなのかを簡単に解説すると、主人公の家路久(いえじひさし)は、銀行員に就職してからは、やり手の銀行員として働いていたそうだ。ちなみに家路久には過去、結婚していた家族がいたが、この時は離婚、再婚をしていた。そんな家路久がある日単身赴任することとなったそうだ。

それで単身赴任した先のアパートでなんと火事になってしまい、倒れてしまった。
その後、一命はとりとめたものの、一酸化炭素中毒になってしまっていて、なんとすべての記憶がなくなってしまった。
つまり、記憶喪失になってしまったというわけだ。
家路久は一度離婚していて元妻と娘がいるが、今の再婚した家族はどちらかというと家族とは思えない。つまりあまり愛情が無いわけだ。家路久は記憶を失って、本当にに好きな人はいったい誰なのか?それが分からなくなってしまった。
自分の本当の家族は何なのか?それを探す旅が今始まる…

と言ったような内容となる。
私がある程度要点を絞って説明したため、少し分かりにくくなってしまっているかもしれないが、あらすじを見る限り、どんな展開となっていくのか、とても面白そうだと思った。

 

 

アイホームの原作について

そして、先ほど説明したのが、アイホームの原作のあらすじになる。
この原作の漫画についてだが、少し欲しくなった方がいるかもしれない。
実際、私もあらすじを読んでいて是非買いたくなったのだが、この漫画、現在はかなりプレミアがついているそうで、Amazonやヤフオクで調べても、かなり高い価格で販売されたり、出品されたりしている。
よって、原作を手に入れるのはかなり困難な状況というわけだ。
だからこそ、今度2015年4月に放送するテレビ版のアイホームを見てほしいと思う。
その上でテレビ版が面白ければ、その時に漫画版を買うかどうか検討してみても良いかと思う。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top