EAT-MEN

Read Article

アンドレアスルビッツ副操縦士「病名はうつ病だったのか」と家族も戸惑いの真実が発覚


アンドレアスルビッツ副操縦士が病気だった事が明らかになり、病名はうつ病だった事が明らかとなった。家族にも隠していたうつ病だと言う真実。だがアンドレアスルビッツ副操縦士は本当にうつ病だったのだろうか。その真相を裏付ける証拠(根拠)も出回っているという事で、その根拠について、お伝えしていこうと思う。

 

 

アンドレアスルビッツ副操縦士の家族も驚愕「病名はうつ病だった」の真実

アンドレアスルビッツ副操縦士の家族も知らず、驚愕したという「病名はうつ病だった」という真実。これに対し、ネット上では「本当にうつ病だったのか?」「ガセなのではないか?」という声が複数挙がっていた。確かに、ネット上では様々な根も葉もない噂が飛び交う事も多いため、アンドレアスルビッツ副操縦士がうつ病と言われているのも、ガセの可能性があるという事は十分に考えられた。だが、今回は違うようだ。

実はアンドレアスルビッツ副操縦士には、うつ病だったと言われる根拠があったのだという。その根拠とは「自宅から複数の病院からの診断書が見つかった」という事だ。これは今回の墜落の原因を探る為、捜査官がアンドレアスルビッツの自宅を捜査した時に発覚したそうで、その他にも精神安定剤なども発見され、さらに診断書には「パイロットを続けられない」とも書かれていたという。しかもこの事実を家族は「全く知らなかった」と話す。

そして複数の診断書から、アンドレアスルビッツ副操縦士が事故を起こす2月〜3月の間に大学病院に何度も通っていたという事も分かった。恐らく家族にも内緒で、1人で抱え込んでいたのだろう。

 

 

アンドレアスルビッツ副操縦士「目の病気も患っていた」と発覚

さらに衝撃の事実はこれだけには留まらず、アンドレアスルビッツ副操縦士は目の病気も患っていたという。パイロットをしていく上では絶望的と言われる目の病気。このせいでアンドレアスルビッツ副操縦士は日に日に視力も落ちていったという。これが仕事を続けられないと診断されたもう一つの理由であろう。さらに墜落事故が起こる少し前には、彼女にも振られていた事実が発覚。これにより、精神状態はさらに悪化していたと見られる。

さらにアンドレアスルビッツ副操縦士は幼い頃からパイロットになりたいという夢を持っていたそうだが、いざパイロットになってみると「大変な仕事の割には給料が安い」「もっと評価されても良いはずだ」と、同僚にも愚痴をこぼしていたそうだ。パイロットという仕事はかっこいいという理想と、現実は大変な仕事で、でも給料は安いという現実のギャップがあまりにも大きかった事により、アンドレアスルビッツ副操縦士は徐々に病んでいったのではないかと言われている。

これらの事からアンドレアスルビッツ副操縦士はうつ病を患っていた可能性が非常に高いと見られるが、今回このような墜落事故を起こしてしまった原因としては「会社での健康診断が甘過ぎた」という事も考えられるだろう。会社では「精神的なところまでは診断しない」と発言していたが、パイロットは沢山の乗客を安全に目的地まで届けるのが仕事。その為精神面は非常に重要な要素ではないだろうか。今後の健康診断では、精神面も重視して診断して頂くよう、改善して頂きたいものである。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top