EAT-MEN

Read Article

かわいい彼女がほしい人の講座「女性をからかい、無関心から関心へ」

「かわいい彼女がほしい」男なら誰しもがそんな願望を持っているだろう。かわいい彼女が全てでは無いことはもちろん分かっていると思う。ただ、どうせならかわいいに越したことはないはずだ。だが、かわいい女性を前にした時に限って「自分をよく見せよう」「この女性を怒らせないようにしないと」と自分をよく見せようとして、結果「良い人なんだけど…」と言われて撃沈してしまう人が多いのではないだろうか。

実は過去の私もそうだった為、その気持ちは痛いほどよく分かる「良い人なんだけど…」この言葉にどれだけ心を痛めてきた事か。そんな過去もあり、現在ではそれも克服し、女性に「良い人」と言われなくなったのだが(良い意味で)では私が一体何をして、女性から良い人と言われなくなり「何だか気になる人」と言われるようになったのかを、お伝えしていこうと思う。

 

 

かわいい彼女がほしい人に「かわいい女性ほど疲れていると知る」

さて、ここで想像してほしい。仮にあなたがかわいい女性だったとしたら、どのような人生を送っているのか、と。そうすると恐らく

「きっと毎日男性からチヤホヤされているんだろうな」

「皆から可愛いと言われるから、自然と自信もついてるだろうな」

「逆に毎日男性から視線を感じるし、アプローチされるし疲れているだろうな」

「町を歩くと声をかけられるから正直しんどい時もある」

「それでも、声をかけられて可愛いと言われるのはまんざら嫌でもないから、可愛いく生まれてきて良かったな」

かわいい事は良い反面、とにかく疲れるという気持ちも、分かったのではないだろうか。そしてそんな女性はこう思っているのである「私に釣り合うような魅力的な男性はいないかな」と。可愛い女性は常に疲れているのだ。可愛さを保つ為に毎日念入りに化粧をしたりしないといけないし、常に可愛くあるよう努力しているのだ。まずはこれを理解してほしいと思う。

 

 

かわいい彼女がほしい人に「からかうという視点をもつ」

それを理解した上でここからの話を読み進めてほしいのだが、要は可愛い女性は毎日何人もの男性からアプローチを受けている。その男性のほとんどは自分を良く見せようと、出来るだけ女性に嫌われまいと「可愛いね」と言ったりして、女性を持ち上げようとする。ただこの時女性は内心で「またそれか」と無意識に感じていることを知って欲しい。

可愛い女性にとっての「可愛いね」という発言は、お腹が空いたら何かを食べるぐらい、日常的な事なのだ。つまり「女性の印象には残らない」という事。つまり無関心という事だ。あなたは無関心な物を手に入れたいと思うだろうか?もちろん思わないだろうし、認識すらされないと思う。要はそれと同じ状態というわけだ。

「それじゃあ、どうすれば良いの?」と思うかもしれないが、単純に「無関心と思われる男性と逆のことをすれば良い」のだ。今回の例で例えるとあえて「可愛いね」とは言わず、決して見た目を褒めない。その代わり女性の持ち物や服装(特に小物)を褒めたりする事で「他の男性と少し違う」と思わせる事が出来るというわけだ。

こう考えると、見出しにも書いてある「からかうという視点をもつ」という意味も分かってくるのではないだろうか。ほとんどの90%ぐらいの男性は、本当に可愛い女性を見たりすると「嫌われたくない」と、瞬時に思うため、変に女性をからかって嫌われたくないので、からかわないのだ。

なので、あえてその逆を行き「女性をからかう」という視点を持ち「嫌われても良いや」というぐらいの気持ちで接すると、自然とからかいやすくなるのだ。そんな男性に対して女性は「この人、今までの男性と少し違う」と、あなたに対して何かしらの印象を持つだろう。

可愛い女性から好かれる為にはまず「あなたの印象を残す」という事が絶対条件となる為、印象を残すならむしろ怒らせてしまっても構わないのである(これは極論であるが…)ただ、からかう時に注意して頂きたいのが、恋愛術でもお伝えした「8つの原点」これを体に叩き込んだ事を前提に実践して欲しいのだ。

というのも、女性をからかったあなたの視線が泳いでいたり、早口だったりして何を言っているのか分からなかったりすると「何だか感じ悪い人」と思われてしまうからだ。なので、今回のからかうというテクニックは、8つの原点を理解しているという前提で、実践して欲しい。

という事で久しぶりの恋愛術は以上になるが、これからは恋愛術の更新頻度をどんどん上げていきたいと思うので、何か恋愛について聞きたい事があれば、コメントかお問い合わせにて質問を頂けると、出来る限りリクエストに答えられるようにしていこうと思うので、お気軽にコメント頂ければと思う。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top