EAT-MEN

Read Article

エイプリルフールのルール「日本では午前中しか嘘をついてはいけない」の嘘・本当

さて、今日はエイプリルフールということで、早速ダマされたという方もいるのではないだろうか。そんなエイプリルフールにはルールがあり「日本では午前中しか嘘をついてはいけない」と言ったような、嘘か本当か分からない、暗黙のルールが存在するようだ。果たしてそれは嘘なのか、本当なのか。次のトピックでは、そんなエイプリルフールのルールの嘘、本当について、探っていこうと思う。

 

 

エイプリルフールのルール「日本では午前中しか嘘をついてはいけない」の真相は…

エイプリルフールのルールである「日本では午前中しか嘘をついてはいけない」というルール。このルールはエイプリルフールになるたびに毎年話題になるそうだが、にも関わらず真相が分かっていないという事実。果たしてこのルールは嘘なのか。本当なのか。これには色々な説があるそうだが、私から1つ言えることは「嘘か本当か分からない」ということだ。

「なんだよそれ」と思われたかもしれないが、実際本当に分かっていないのだ。このルールに関しては元々はイギリスを中心に実際浸透しているものらしいが、イギリスには「王政復古の記念日」なるものがあるそうで、この記念日には「午前中だけ国王への忠誠の証であるオークアップルと呼ばれる実を付ける習慣があったという。

これがエイプリルフールでも流用されて「午前中しか嘘をついてはいけない」というルールが噂されてきたんだそうだ。これを聞く限り「なんだか由来(起源)が曖昧だな」と感じた人も少なくないはず。由来が曖昧なのに、エイプリルフールのルールが明確なはずがない。ということでエイプリルフールのルールの1つである「午前中しか嘘をついてはいけない」の真相はまだはっきりと分からないというわけだ。

 

 

エイプリルフールのルール「そのほかのルールについて」

そして、エイプリルフールにはこのほかにも様々な暗黙のルールがあるそうで、例えば「午後にネタばらしをしてはいけない」「嘘をついたことは1年間本当になってしまう」「逆についた嘘は一年間叶わない」と、この他にも沢山エイプリルフールの暗黙の了解ルールがあるのだ。

だが「エイプリルフールのルール自体、エイプリルフールの嘘なんじゃないか」とも言われているそうで、何が何だかさっぱり分からないのだ。ただ1つ言えることは「自分も相手もお互いが楽しめるような嘘ならそれで良いんじゃないか」ということだ。なんだかんだ言っても、お互いが楽しめるような嘘だったら、午前中に言おうが、いつ言おうが、関係ないのではないだろうか。

だが、もしかすると今後、エイプリルフールのルールについて、本当にルールが決まることもあるかもしれないので、もしそのような事があれば、その時はまたブログにて真相をお伝えしていこうと思う。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top