EAT-MEN

Read Article

錦織圭のギターのトロフィーはギブソンのギターだった事が判明「うらやましい」「ギターファンにはたまらん」

今更感が少しあるかと思うが、錦織圭がメンフィスにて優勝したという。
それはもう知っている方も多いと思うが、そんな方でもまだ錦織圭が優勝した時にもらったギターのトロフィーについてはまだ知らない人もいるだろう。ちなみにギブソン製のギターだという。
今回は、そんな錦織圭がもらったギターのトロフィー(ギブソン)についてお伝えしていこうと思う。

 

 

錦織圭のギターのトロフィーはギブソンのギターだった

さて、もう最初のイントロダクションとタイトルを見て分かった人も多いかと思うが、錦織圭がもらったトロフィーというのが、ギブソン製のギター型のトロフィーだそうだ。
ちなみに、2013年と2014年は、テニスラケット型のギター風のトロフィーであった。
これでも十分凄いし、とても発想が面白いのだが、今回のトロフィーはテニスラケットのギター風のトロフィーではなく、なんと本物のギターのトロフィーである。

これは非常に面白いのだが、私も良くギターを弾くのでうらやましい限りである。ギターのトロフィーというよりは、もろギターだからだ。
このトロフィーをもらった時の錦織圭の顔は、本当に嬉しそうな顔をしていた。写真もニュースサイトなどで公開されているので是非一度見てみてほしい。

メンフィスとは

ちなみにメンフィスとは、ブルースの発祥地であることで有名で、ここでは先ほど紹介したギターで有名なギブソン工場が存在していて、このギブソン工場では一日に約50~60ほどのギターを特注で作っている。
主に作っているギターの種類としては、エレキギターとアコースティックギターとなる。
その中でも錦織圭が今回トロフィーとしてもらったギターというのが、ギブソンの中でもエレキギターだそうで、このエレキギターはES-シリーズというシリーズのギターで、ES-335と言って、このギターの愛用者として有名なのが、日本では奥田民生や斉藤和義などが愛用している。
その他にも様々なアーティストが愛用していて、今回錦織圭はそんな誰もがうらやましがるようなギター(トロフィー)を手に入れたというわけだ。

 

 

錦織圭がギターのトロフィーをもらった感想について

そして、錦織圭がギブソン社製のギターのトロフィーをもらった時の感想としては「ギターは演奏をしたことが一度もなかったけど、これを機会にギターのレッスンを受けようかと思います」ということを言っていたそうだ。
せっかく今回は、有名アーティストや音楽をやっている人ならだれでも欲しいであろうギブソン社のギターを手に入れたのだから、是非錦織圭がギターを弾いている所を見てみたいものである。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top