EAT-MEN

Read Article

吉幾三の歌 雪国の誕生秘話がぴったんこカンカンにて明らかに!「吉幾三の曲いらない」の秘密

吉幾三が、ぴったんこカンカンに出ていることで、現在話題となっている。今回は泉ピン子やあき竹城も出ていて、まさにマッサンを思い出させてくれるが、そんな吉幾三の雪国の誕生秘話が、ぴったんこカンカンにて明らかになったことで話題となっている。そこで今回は吉幾三についてや、雪国の誕生秘話について、お伝えしていこうと思う。

 

 

吉幾三の歌 雪国の誕生秘話がぴったんこカンカンで明らかに「歌手に断られた」

吉幾三の歌の1つである雪国について、今でこそ吉幾三が歌っているとして有名となっているが「もしかしたら吉幾三は雪国を歌ってなかったかもしれない」事が明らかとなったのだ。一体どういうことなのかと言うと、吉幾三は実は「雪国は自分の為に作った歌ではない」と、告白していたのだ。

吉幾三は「ある歌手に歌ってほしくてこの曲を作った」と、ぴったんこカンカンにて語っていた。そのある歌手というのは番組内では公開されなかったものの、その歌手の為に作って曲を持って行った結果「いらん」と、かなりそっけなく返されたという。その原因として考えられるのが「吉幾三本人が自分で私に行っていないから」だと考えられる。

実は曲を持って行ったのは、吉幾三ではなく、泉ピン子だったのだ。本人が直接尋ねに言ったら、少しは考えてくれていたかもしれないが、結果としては断られてしまったということだ。断られてしまった泉ピン子は「もう、吉幾三が歌ったらいいんじゃない?」と言われ、吉幾三が歌ったところ、これまたかなりの大ヒット。これに対して泉ピン子は「こんなに売れるなら、私が歌えば良かった」と、公開しているそうだ。

 

 

吉幾三「結局どんな人物なのか」と話題に!9人家族の末っ子だった

吉幾三の雪国の誕生秘話が分かったところで、吉幾三という人物について、簡単にお伝えしておこうと思う。吉幾三は9人兄弟の末っ子に生まれたそうで、身長は178㎝となかなかの高身長である。そんな吉幾三は現在はすでに結婚していて、子供も3人いるそうだ。ちなみに次女に関しては現在除痛となっているそうだ。

歌手デビューしたキッカケは、1973年に恋人は君ひとりというCMソングを歌った事により歌手デビューを果たす。当時は山岡英二という芸名を名乗っていたそうだが、その名前の時は曲は売れず、成功しなかったそうだ。そこで1977年に吉幾三として当時は覆面歌手として、フォークソングを歌うことにしたそうだ。

その時に出した「俺はぜったい!プレスリー」という曲がヒットし、吉幾三は有名になっていって、「俺ら東京さ行ぐだ」を出した時にさらに大ヒット。そしてその後に出した雪国では、ついにオリコン1位となったのである。ということで以上が吉幾三の簡単なプロフィールである。現在もまだぴったんこカンカンは放送しているため、私も今から最後まで番組を見ようと思う。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top