EAT-MEN

Read Article

つんく 2015年今現在癌の症状が悪化で声帯摘出を発表「嫁や子供の為に摘出した」と告白し涙

つんくが2015年の今現在、癌の症状が悪化し、手術をして、声帯摘出したことが先ほど速報で明らかとなった。つんくは現在嫁と子供がいて、声緒を失ってでも手術をすると決めたのは、嫁と子供を残したまま、一人いく訳には行かなかったからだろう。つんくにとって声帯の摘出は、本当に苦渋の決断んだったと思うが、そんなつんくの声帯摘出について、もう少し詳しく詳細をお伝えしていこうと思う。

 

 

つんく 2015年今現在癌の症状が悪化し、声帯摘出を発表「症状は末期だったのか」

つんくの2015年の今現在のがんの症状について、詳しくお伝えしていく前に、そもそもつんくはいつから癌になってしまったのかということをお伝えしていこうと思う。つんくはおおよそ2011年の時からすでにガンにおかされていたことが明らかとなっている。と言うのも2011年につんくは声帯の左側に違和感を感じていたそうだ。

当時はただ違和感を感じていただけで、そこまで気にしていなかったという。しかし時は過ぎ2013年の10月ごろ、気づくとなぜか声がハスキーになっていることに気付いたそうだ。そしてこの時つんくは治療を行った時に「癌だ」と、癌宣告を受けてしまったという。癌宣告を受けたということで、当時かなりショックを受けたことだろう。

そんなわけでその時を境に、つんくはがんと闘っていたわけである。そうして治療に専念した甲斐もあり、つんくは9月には「完全に治った」とコメントしたそうだ。つまり、癌の症状が完全になくなったということで、つんくは喜びの声を挙げていたそうだ。しかし、そんなつんくは昨年の2014年の10月に、再び癌が再発してしまった事が分かった。

ちなみにそんなつんくの再発の症状について、「ステージ3の症状ではないか」と噂になっているそうだ。ちなみに咽頭癌の酷さによってがん治療をした時の生存率も下がってくるそうで、それを簡単にまとめるとステージ1が生存率95%。そしてステージ2が90%。ステージ3が70%、ステージ4が60%になるそうだ。

 

 

つんく 今現在は母校の入学式に出席「スクリーンにてメッセージを告げる」

つんくの今現在の最新の情報について、実は4月4日の今日、つんくは母校の入学式に出席したことが明らかとなっており、そこでつんくは祝辞を述べる代わりに、スクリーンにて新入生へ言葉を送ったそうだ。そこに書かれていたメッセージでも、つんくが咽頭癌により、声帯を摘出してしまったことについて、お伝えしていたようだ。

つんくは手術後の経過に対して「10月に手術を受けてからは、状態も比較的よく、10月末には退院した」と語った。そしてその後つんくは、自身の体調とも相談しながら、年末年始には仕事も再開し、今後は詩や楽曲のプロデュースはもちろん、それ以外の事も勉強しながら、皆さんのお役に立っていきたいと、意気込みを語っていた。

ちなみにつんくには現在嫁さんや子供もいて、つんくはそんな子供や嫁の為に、自らの声を犠牲にする人生を選んだのだろう。当時は元気に振る舞っていたが、内心悔しくて、不安で、泣き叫びたい気持ちでいっぱいだっただろう。

だが、それにも負けず、そんな中でつんくに出来る精一杯の事を、一生懸命頑張って頂ければと思う。今は本当に辛い時かもしれないが、今の時期を乗り越えて、今の状況で出来ることを見つけて、自分にとっての新しい生き甲斐を見つけていて行けたらと思う。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top