EAT-MEN

Read Article

高橋ジョージに薬をやっていたという疑惑が浮上。三船美佳との離婚騒動がキッカケで噂に


高橋ジョージは、三船美佳との離婚騒動により、何かと話題に挙がっているが、それについては後ほど説明するとしてそんな高橋ジョージが何と薬をやっているのではないか?ということが話題になっている。
高橋ジョージが薬をやっていたという噂がたった原因は何なのか?
高橋ジョージが薬をやっていた原因についてや、その話に至るまでの過程を紹介していこうと思う。

 

 

高橋ジョージの薬疑惑の過程

さて、高橋ジョージが本当に薬をやっていたのかについて真相を確かめる前段階として、高橋ジョージが薬をやっていると噂されるまでの経緯についてお伝えしていきたいと思う。
まず、高橋ジョージは2,3か月ほど前までは、三船美佳とはずっと仲良くやっていると思われていた。
というのも高橋ジョージと三船美佳は、最高のおしどり夫婦と言われていたからだ。ところがそんな中、突然三船美佳が高橋ジョージと離婚するという話になったのであった。

この二人に限っては、絶対に離婚なんて事は無いと思われていただけに、世間ではかなりの衝撃を受けたようだ。
なぜこのような離婚騒動が起こったのかと言うと、これは関係者によると「かなりひどい束縛や、モラハラがあったことが関係あるだろう」ということだそうだ。

高橋ジョージの三船美佳への束縛について

そして、高橋ジョージの三船美佳への束縛の内容についてだが、知っている人が多いかと思うので、簡単に説明しておくと「門限が決められていた」ということである。
三船美佳は16歳の時から高橋ジョージと結婚しているため、その時決められた門限から恐らくずっと変わっていなかったのではないだろうか。16歳ならまだしも、20、30にもなって門限を決められるというのは正直言って辛いものだ。
その門限のせいで、三船美佳は大事な青春時代を楽しく過ごせなかったという。

そしてそんな門限だけでも辛いのに、さらに高橋ジョージは「高橋ジョージが家にいる時は、仕事以外で外出禁止」というような条件まで付けられていたそうだが、これはもはや「お前は外に出るな」と言っているようなものだと思う。

高橋ジョージのモラハラについて

そして三船美佳が離婚すると言い出したのはこれの他にも原因があるらしく、それがモラハラだ。
モラハラとは簡単に言えば「言葉や態度で示す、精神的な暴力」ということである。
このモラハラを、高橋ジョージは三船美佳に対して毎日行っていたそうだ
これは離婚騒動から、三船美佳が離婚して子供の親権を三船美佳のものとするために裁判を行うため、弁護士に色々告白したことで判明している。

このモラハラの内容はどんな内容だったかを簡単に説明すると「お前は人間としての価値もない」と言った事を、毎晩毎晩聞かされていたということだ。
これに関して高橋ジョージは「いくらなんでもそれは無い」と言っていて、確かに実際そこまで酷くはないかもしれない。
しかし、三船美佳がこう言っている以上、そのような状況下であった事は確かであると言うしかないだろう。
こういうことの積み重ねである時三船美佳は高橋ジョージに冷めてしまったと思われる。

 

 

高橋ジョージの薬疑惑について

そしてここでようやく、高橋ジョージの薬の疑惑の話と繋がってくるのだが、こんなこともあって最近テレビに出る機会が多くなった高橋ジョージであるが、それがきっかけで高橋ジョージの事を関係者が詳しく調べた所、あることが分かったそうだ。
分かったこととは一体何なのかを簡単に説明すると「一時期、高橋ジョージはメディアに出る機会が減ったと思うが、その時に高橋ジョージに何かあったようだ」ということを言っていた。

さらにその関係者は続けて「高橋ジョージに関して、(顔色が悪い、言っていることが分からない、滑舌が悪い)という話を聞いたことがあり、これについては詳しくは言えないが、これが本当ならば、離婚は仕方がない」ということを言っていたそうだ。
これを見た時のネット上の反応が「これってどう考えても薬だよな」という話になり、それが話題となって、現在の高橋ジョージの薬疑惑と結びつくわけだ。

なので、もし高橋ジョージが三船美佳を大切にしていたら、今でもおしどり夫婦で、このような高橋ジョージの薬疑惑も絶対に言われなかったであろう。
先ほどのような門限やモラハラの問題があったからこそ、今回の薬疑惑についても言われだしてきたわけだ。
実際の所、薬をやっているかについては、私からは何とも言えない。
というのも高橋ジョージは過去にこのような質問をされた時、顔が真っ青になっていたそうだ。
これは何を意味するのか、真実は分からないので私の口からは何とも言えない訳である。だが、高橋ジョージのそんな態度を見ていると、薬疑惑もあながち否定できない。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top