EAT-MEN

Read Article

藤原ここあ先生「どういう顔をしているのか」と知恵袋で疑問の声


先ほど速報が入ってきた。漫画家で有名な藤原ここあ先生が死去したそうだ。藤原ここあ先生はかつてパクリ疑惑もあったようだが、そんな藤原先生の顔が、どういう顔をしているか気になるという話題が挙がっていた。ということで今回はそんな藤原ここあ先生がどういう顔をしているのか。そしてパクリ疑惑についてや、そもそも藤原ここあ先生って誰?と言う人の為に、藤原ここあ先生の詳細もお伝えしたいと思う。

 

 

藤原ここあ先生にパクリ疑惑が浮上 中山幸が原因か

さて、藤原ここあ先生が死去してしまい、現在話題となっているが、実は藤原ここあ先生には「パクリ疑惑」なるものが噂されているようだ。この真相について、先にお伝えした後に、藤原ここあ先生はどのような人なのかということをお伝えしていこうと思う。

藤原ここあ先生のパクリ疑惑について、どうやら藤原ここあ先生がパクリをしたということではなさそうだ。実は違う漫画家である【中山幸】が手掛ける、【くだみみの猫】という漫画の絵が、藤原ここあ先生の絵にそっくりだということでファンが、中山幸の事をパクリだと言った事によって、藤原ここあと検索すると、パクリと出てきてしまうわけだ。

この先のプロフィールを見てもらえば分かると思うが、藤原ここあ先生は14歳のころから本格的に漫画家としての道を歩み始めていた漫画家なので、パクリなんてするような漫画家じゃないということがお分かり頂けるだろう。ということで、ここからは藤原ここあ先生の簡単なプロフィールをお伝えしていこうと思う。

藤原ここあ先生は、福岡県北九州市出身。北九州は現在はアトラクションテーマパークなどが人気を集めている。そんな藤原ここあ先生は、生まれてからわずか14年で、エニックス(スクエア・エニックス)主催の、第7回漫画大賞で佳作を受賞している。

14年ということは、この時藤原ここあ先生はまだ14歳。14歳でエニックスの賞を取れるということは、十分に可能性が認められているということだ。当時から藤原ここあ先生は漫画家としての素質があったようで、この賞を受賞した時、当時は藤原みるくという、ペンネームで活動していたようだ。

 

 

ちなみにこの時受賞した作品は【Beauty and the Beast】という作品で、これを日本語訳すると【美女と野獣】という意味になる。中学生にしてこのネーミングセンスは、純粋に凄いと思った。美女と野獣というテーマから、一体どんなストーリーを描いたのか。

気になるところだが、この作品は現在どこを探しても見つけることが出来なかった。もし、この作品の内容を知っている方がいれば、是非教えて頂けるとありがたい。その後は月刊ガンガンWINGの3月号から【CALLING -コーリング-】という作品でデビューしたそうだ。

しかもこの時はまだ中学3年生。皆が進路をどうするか、思い悩んでいる時に、藤原ここあ先生はすでに漫画家としてやっていく事を決めていたことだろう。ちなみに藤原ここあ先生は他にも作品を出していて、そのうちの1つの妖狐×僕SSは、アニメ化されるほどの人気ぶりだったようだ。

そして、最後に知恵袋にて疑問の声が挙がっていた「藤原ここあ先生の顔が気になる」についてだが、この質問の回答でもあるように、残念ながら顔は公開されたことがないそうで、どこにも藤原ここあ先生の顔に関しての情報はなかった。もし、顔が分かるようなことがあれば、また追記としてお伝えしていければと思う。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top