EAT-MEN

Read Article

大阪造幣局 桜の通り抜けが2015年も開催!【時間…平日:午前10時~ 休日:午前9時~】

大阪造幣局の桜の通り抜けが、2015年も大変盛り上がっている。ちなみに開催日は【4月9日~15日】の七日間。そして時間は【平日:午前10時~】【休日:午前9時~】となっている。ちなみに終了時刻はどちらも午後9時までとなる。いつも造幣局の職員は、午後5時には帰っている所を見かけるが、この日は特別な日ということもあり、9時まで出勤している職員もちらほら見られる。

そんな大阪造幣局の桜の通りぬけ。楽しみどころは沢山あるが、その中でも私が実際に足を運び、特におススメする楽しみ方(回り方)について、今回お伝えしていこうと思う。

 

 

造幣局の桜の通り抜け おすすめの屋台や穴場ランチ(ディナー)スポットを紹介

この時期になると、造幣局周辺には、大量の人で押し寄せる。まず、駅から造幣局に向かうまでも、沢山の人だかりで、特に土、日に行こうものなら、物凄い人の数となる。そこでまずは京橋から造幣局に向かう人の為、【人があまり混まない、穴場改札】なるものが実は存在するので、穴場改札について簡単にお伝えする。

京阪で京橋に向かう人はまず、一番後ろの車両から電車に乗って欲しい。これが、ホームからスムーズに改札に出るための秘儀になる。そして京橋についたら、恐らく右手に下へ降りる階段があるかと思う。その階段を下へ降りて頂くと、そこが穴場改札となる。ここには改札を出る前にコンビニがあったりする。

さらに、改札を出てからも、こちらからの方が約5分、造幣局までの道のりを短縮できるため、知っている人は知っている、穴場改札となる。なので、京橋から造幣局へ向かう方は、是非この秘儀を使ってほしいと思う。

そして、造幣局についた後は、いよいよお待ちかね、桜の通り抜け。桜の通り抜けには是非朝か昼に一度通り抜けしてもらいたいのだが、せっかく造幣局まで行くということで、桜の通り抜けを2度通り抜けして頂きたいと思う。造幣局が午後9時まで桜の通り抜けを開催しているのは【夜桜を見てほしい】という願いがあるからだ。

 

 

それを踏まえた上で、私のお勧めの回り方をご紹介させて頂くと、まず昼に桜の通り抜けを楽しむ。その次に通り抜けの下に屋台があるので、その屋台へ向かい、昼食を済ませたり、遊んだりする。ちなみにどのような屋台があるのか、簡単にお伝えしておくと、B級グルメを取り扱っている屋台。

そして定番のスーパーボールすくいや金魚すくいはもちろん、ニッチなもので言えば【本マグロの串焼き、フランクフルトの卵巻き(中にチーズ入り)、手作りのロングポテト(めっちゃ美味しいと評判)】など、本当に様々な屋台が出そろっているのも、大阪ならではと言えるだろう。

むしろ、桜の通り抜けよりも、こちらをメインで来ている人も沢山いるぐらいだ。そして屋台を十分に楽しんだ後、午後7時~7時半の間に、もう一度桜の通り抜けを楽しんで頂きたい。夜桜がとても綺麗で日中とはまた違った楽しみ方が出来る。そして夜桜を楽しんだ後は、帰りは天満駅から帰って頂きたい。

と言うのも、天満駅の中にあるビルの1番上の階には、いくつかの食べ物屋があるからだ。そこは少し高めの店が多いのだが、雰囲気がとても良く、帰りに寄って食べて帰るのには最高の場所になる。ちなみにその中でもお勧めはナンやカレーなどが楽しめる、インド料理の店。ここは比較的安くてボリュームもあり、さらにクーポンもあるため、密かにお勧めの店である。

以上が造幣局桜の通り抜けのお勧めの回り方になる。あくまで私がお勧めする回り方の為、参考程度にとどめておいて頂ければと思う。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top