EAT-MEN

Read Article

清水健の嫁はいつから乳がんだったのか、ネット上で疑問の声が沸き上がっている件

清水健の嫁が乳がんになって亡くなったことは、先日報道で告げられていたと思う。
そんな清水健の嫁の乳がんだが、一体いつから清水健の嫁は乳がんになってしまったのか?そのことについて、まだ正確な情報が出ていないかと思うが、色々調べていると、ほぼ清水健の嫁はいつから乳がんになっていたのか、ほとんど特定出来ましたので、そのことについてお伝えしていこうと思う。

 

 

清水健の嫁はいつから乳がんかについて

さて、清水健の嫁はいつから乳がんなのかということについてだが、そもそも清水健を知らない人もいるかと思うので、詳しいプロフィールは後にして、先に簡単にプロフィールをお伝えして、その後に清水健の嫁がいつから乳がんになったのかをお伝えしてから、もう少し踏み込んだプロフィールをお伝えしていく…という流れにしていこうかと思う。

清水健アナのプロフィール

さて、まずは清水健アナのプロフィールについて、簡単にお伝えしていこうと思う。
清水健は、読み方は(しみずけん)と言い、ニックネームとして、みんなからは「シミケン」と呼ばれている。
そんな清水健は2001年生まれの牡羊座で、出身大学は中央大学で、清水健は関西情報ネットtenにて、キャスターを勤めている。
以上が簡単なプロフィールだ。次に清水健アナの嫁がいつから乳がんだったのかについてお伝えしていこう。

清水健の嫁の乳がんはいつからか

さて、ここからは清水健の嫁はいつから乳がんだったのかということについてお伝えしていくが、これはほぼ断定したと言っても、私の予測であることに変わりはないので、それだけはご了承頂きたい。
ということでいよいよ清水健の嫁はいつから乳がんだったかについての真相に入っていくが、単刀直入に言うと、清水健の嫁は「2014年の4月」この辺りの時期に乳がんになったのではないかと言える。

なぜそう思うかと言うと、まず清水健の嫁と結婚したのは2013年の5月である。
これは、おととしという事になるが、この一昨年に清水健と嫁は結婚し、そして去年の2014年の10月に一人目の子供として長男が誕生したそうだ。
そしてここからなのだが、長男が誕生して実はすぐに乳がんであることは分かっていた。分かっていたということは、長男が生まれる前にはすでに乳がんであることは分かっていたということが言える。
そして、乳がんが分かった時「抗がん剤は子供の為に使わなかった」という発言をしていたそうだ。

そして、乳がんは比較的症状の進行が遅い傾向がある。進行が遅いとは言っても、早くがん細胞を何とかしないと、どんどんがん細胞が大きくなってきてしまい、しまいには意識不明で棒人間状態になってしまう場合もあるのだ「私の知り合いの例です」
乳がんは何も治療せずに放っておくと、半年から1年ぐらいで亡くなってしまうでしょう(乳がんが触って分かるくらいになってから)
恐らく清水健の嫁は、もうすでにかなり乳がんが進行していたと思うので、子供が産まれて少しして亡くなったそうなので、亡くなった10月から半年を引いた4月ごろから、乳がんになっていたと考えられるのである。だが、これはあくまで私の完全な予測であるため、一つの参考程度としてみて頂けるとありがたい。

 

 

清水健アナのプロフィール2

そしてここで終わってしまっては後味が悪いかと思うので、最後に清水健アナのプロフィールをもう少し詳しく見ていく事にする。
とは言っても、このプロフィールを見れば、どれだけ清水健が嫁を愛していたかが分かるので、かえって悲しくなってしまうかもしれないが、是非ご覧いただきたい。

清水健の好きな食べ物…嫁の作ったごはん
好きな言葉…一歩でも前に
清水健のモットー…素直に、そしてがむしゃらに…
好きな言葉…一歩でも前に
つい言ってしまう口癖…あー、肩凝った
これだけは誰にも負けたくない事…妻への愛情
参照URL:http://www.ytv.co.jp/announce/shimizu/

このプロフィールからも、妻をどれだけ愛していたかが分かるかと思う。それだけに清水健の嫁が乳がんになってしまった事は、本当に残念である。
さらに詳しく知りたい方は、上記のURLから見て頂きたい。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top