EAT-MEN

Read Article

羽柴秀吉こと三上誠三死去。現在息子の三上大和はVシネマを中心に活躍中

羽柴秀吉こと三上誠三が死去した事で、現在、息子の三上大和に焦点が当たっている。ちなみに、羽柴秀吉の由来については近所の住職に「お前は戦国武将豊臣秀吉の生まれ変わり」と言われたことがキッカケだそうだ。

ちなみに、三上誠三が死去したのは4月11日の土曜日で、65歳という若さで亡くなったという。ちなみに死因は肝硬変という事で、恐らく忙し過ぎる日々のあまり、食生活などの生活習慣に偏りが生じていたのだろう。という事で今回は羽柴誠三秀吉こと三上誠三についてはもちろんの事、息子の三上大和についても、詳細をお伝えしていく。

 

 

三上誠三、三上大和の人物像や噂(火災保険で実家がかなり豪邸と噂に)

さて、ここからは羽柴誠三秀吉こと三上誠三や、息子の三上大和の人物像などを、お伝えしていく。まず、実家(所有建物)が火災保険によって凄く豪邸になっていると、話題になっているそうだ。よほど良い火災保険に入っていたのだろう。火災が起こるたびに、どんどん家が豪邸になっていくため、当時はかなり話題になっていたようだ。

ちなみに三上誠三は肝硬変で死去したとお伝えしたが、実は肝硬変の前には、肺がんを患っており、その治療に専念していたということだ。そんな三上誠三は、1949年10月11日生まれ。職業は実業家、政治活動家となっている。

三上誠三は、政治家としてはかなり有名だったが、実は経営の実力も凄いということは、あまりご存知ない方も多いのではないだろうか。三上誠三は中学卒業後に、汗水垂らして働いたお金で、なんとダンプカーを1台購入。これは三上誠三が自営業としてやっていく為の決意の表れでもあったのだろう。

その後、三上誠三は運送会社を立ち上げ、その6年後には経営者としては、大きな成功と言われるほどの高所得者に。しかし、それと同時に三上誠三は「政治家になりたい」という夢も捨てきれず、選挙に立候補する事に。しかし選挙には落選。しかも三上誠三は、公職選挙法に基づく選挙違反により、逮捕されてしまう。

 

 

これがキッカケで、せっかく築き上げてきた運送会社は倒産してしまう事に。そしてその後に建築会社も始めたそうだが、それも倒産してしまう。しかし、それでもまだ三上誠三は諦めなかった。相変わらず選挙活動は続ける物の、ことごとく落選。しかし、それと並行に新たに旅館経営をした所、見事にそれがヒット。現在では総資産300億円の会社となっている。

三上誠三、実は世間ではかなり評判が良くない人物なのだが、実業家としての、この決して諦めないというマインドセット。これは見習うべきなのではないだろうかと思った。ちなみに、そんな三上誠三には、なんと息子がいた事が発覚した。

息子の名前は三上大和。三上大和は芸能活動をしていたそうだ。しかも、1996年以降には、俳優として密かにドラマにも出演していたようだ。そして、現在はというと、水道工事会社でエンジニアとして働きながら、Vシネマを中心に活動し、活躍中だそうだ。以上が、現在の息子の三上大和の状況である。

生きている間は散々酷いように言われていたが、いざ亡くなってしまうと、ネット上でも「なんだか寂しい」という超えが目立っている。確かに、三上誠三は永遠に生き続けていそうな存在な為、いざ亡くなってしまうと私も寂しく感じる。三上誠三、ご冥福をお祈りする。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top