EAT-MEN

Read Article

as(小池珠美)の死因となった病気が発覚か naoはおかもとまりと結婚し 前向きに今を生きる姿勢に感動の声

asこと小池珠美とnaoはその昔の2007年12月、結婚。そして結婚後は幸せな生活を送っていた、はずだった。はずだったのだがasは病気で帰らぬ人に。死因に関しては後に説明するとして、当時のnaoは本当に耐え切れないほどの悲しみを味わい、絶望のどん底に立たされていたことだろう。

ようやく幸せを手に入れたnao。幸せから一気にどん底に立たされたasの死因とは一体なんだったのだろうか。死因について、発覚して分かったことをお伝えしていこうと思う。

 

 

asの死因は呼吸困難 現在はおかもとまりと再婚「前を向いて生き続ける」

現在はおかもとまりと幸せに暮らしているas。しかし、冒頭でもお伝えした通り、as(小池珠美)は、naoと2007年の12月に結婚しており、当時はまさに幸せの絶頂だった。そんな幸せが長く続けばよいと、誰もがそう思っていた。しかし、現実はそう甘くなかった。2011年の12月、asが突然倒れてしまう。

突然の事に、当時naoは驚いてしまったようだが、その後、病状は悪化しても良くなることはあらず、asは帰らぬ人となってしまった。元々asは喘息持ちだったという。そしてasは歌手として活動していたため、歌手で喘息というのは、相当なハンディキャップとなっていただろう。

特に息遣いが重要となる歌において、喘息というのはいつ発作が起きるかも分からないため、常に不安との戦いだっただろう。実際、asの死因も発作からくる呼吸困難だと言われている。とはいえ、現在詳しい症状は明かされておらず、本当の死因に関しては、謎に包まれたままだという。

しかし、呼吸困難が原因だと言われているということは、年齢から考えても、癌や肺炎などの可能性は低いと考えられるため、やはり死因は持病のぜんそくと何か関係があるのではないだろうか。そんなasの突然の死に、一番悲しんでいるのは、当たり前だが一緒に暮らしていたnao自身だろう。

 

 

二人の間にはすでに子供もいるため、いつまでも落ち込んでいられず、前を向いて生きていかなければならなかったのは、当時はかなり辛いことだっただろう。そして、もしあなたがこんな状況に陥ったとしたらどうだろう。普通はしばらく立ち直られず、再婚なんてまだ考えられないだろう。

しかし、naoは強かった。asが残してくれた子供の為。そして自分自身の為、naoは再婚に踏み切ることにした。そしてついにasは再婚することになったという。ちなみに再婚相手は、おかもとまり。おかもとまりも、naoの事情は良く知っていると思うので、様々な事を配慮しての再婚となったのだろう。

こうして現在、naoは、前を向いて、今を一生懸命生き続けている。これを天国で見守っているasは、きっと心の中で「良かった」と、思っているに違いない。何はともあれ、asの為にも、これから二人には幸せな結婚生活を送って欲しいと思う。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top