EAT-MEN

Read Article

武藤嘉紀 父は医師ではなくサラリーマンなのに家庭が裕福な原因が判明 祖父の職業が鍵

武藤嘉紀は、週刊文春により婚約者の彼女がいたことが発覚。そんな中、父は医者であるという噂が、ネット上で流れている。果たして、父親の医者という情報は本当なのだろうか。実は週刊文春によると、武藤嘉紀の父は医師ではなく、ただの普通のサラリーマンだという。

しかし、その一方で父の息子である武藤嘉紀は、高校卒業後に慶應大に進学。さらに東京の世田谷区に住んでいることなどから、普通のサラリーマンとは思えない育ちの良さが伺える。ということは武藤嘉紀はエリートサラリーマンだというのか。気になったため、詳細を確認した結果、あることが発覚した。武藤嘉紀の家庭が裕福なのには、それなりの理由があったのだ。

 

 

武藤嘉紀の母方の祖父 スポーツアカデミーの社長だと発覚

武藤嘉紀の慶応時代の話を、友人に聞く事が出来たそうなので、友人に話を聞いたところ「ヨッチは、お金持ちが多い慶応の中でも、特に育ちの良さが目立っていた」とのことだった。ちなみにヨッチとは、武藤嘉紀の当初のあだ名だという。

お金持ちが多い慶応にさえ、育ちが良かったと言われていた理由としては、父は普通のサラリーマンだった事に対し、武藤嘉紀の母方の祖父が株式会社スポーツアカデミーの社長、中野成章だったことが原因だと言われている。ちなみに祖父は、全国規模で30店舗のスポーツアカデミーを展開するほど、実力の持ち主で、武藤嘉紀家がお金持ちの理由は、これにあると言われている。

このスポーツアカデミー社は、昭和53年の9月に創立。スポーツアカデミーの社長に就任したという。ちなみにスポーツアカデミーは資本金が2億3000万以上あると言われており、となると祖父は自身の株式の多くを所持していることになるだろう。そういう点を含め、祖父はかなりのお金持ちであると言える。これが、父は普通のサラリーマンなのに、家庭が裕福な原因である。

 

 

そんな裕福な家庭に生まれ育った武藤嘉紀には、様々な武勇伝があり、その中の1つとして【武藤嘉紀は大学時代、サッカー部の練習場まで、親のポルシェで通っていた】という。かつて大学生が親のポルシェで通っている学生がいただろうか。そうそういないと思われる。こんなことからも、慶応の友達から「一際目立って金持ちだ」と言われていた要因になるだろう。

さらに武藤嘉紀自身も、プロになってから中々お金持ちらしく、プロになり、自分の給料で買った車が、あの有名なドイツの高級車、アウディだという。以上が、武藤嘉紀の父。そして武藤嘉紀自身に関する話である。現在、武藤嘉紀には婚約者がいて、それに対して双方の親は反対することはなく、むしろ賛成しているといったところだ。これにより、二人は結婚秒読みと言われている。また詳細が分かり次第、随時お伝えしていく。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top