EAT-MEN

Read Article

あばれる君の嫁が番組に出過ぎの声。色気ドッキリで浮気現場に嫁が突入する展開に修羅場確定か

暴れる君の嫁(古張由夏)が、最近テレビに出過ぎている声が目立っている。4月19日の行列の出来る法律相談所にも出演。そこでは色気ドッキリと称して、浮気現場に嫁が突入するという。これは修羅場になることは間違いないが、なんとあばれる君の嫁は「信じていたのに」と言い、平手打ちをかますかもしれない事が分かっている。

さらに、今回の行列の出来る法律相談所では、嫁があばれる君に対して持っている不満を爆発させるという。「最近売れ出したからって天狗気味になっている」「家出はかなり口うるさい」など、色々暴露するという。テレビではあばれる君をいじめることも多い嫁の古張由夏だが、実は、あばれる君がまだ売れていない時代から献身的に支えてくれていたという。そんな素晴らしい嫁のエピソードを、今回はお伝えしていこうと思う。

 

 

あばれる君が嫁と出会ったのは高校時代だった事を告白「この人は芸人としてやっていける」

さて、あばれる君の本名は、嫁の古張由夏という名前から分かるように、古張という名前である。ちなみにフルネームは古張裕起(こばりひろき)。2013年の10月に2人は結婚。その後、なら婚という番組に出演し、結婚式を挙げる様子が公開されていた。

この時ばかりは、あばれる君は芸人であることを忘れ、二人でサプライズをし合ったり、幸せいっぱいの夫婦として、素敵なエピソードを語っていたという。その後、あばれる君と嫁は、二人そろって番組に出演する機会も増え、出演した番組内では今まで様々なエピソードを語ってきたそうだ。

そのエピソードは主に二人の出会いのキッカケや、結婚までの過程などなど。ちなみに二人の出会ったのは、なんと高校時代の時だという。ということは、高校時代に出会って付き合いだしてから、そのまま結婚したということになる。二人が接点を持ったきっかけは、文化祭の時だと言われている。

当時高校生の時からすでに芸人を目指していたというあばれる君。その為、学校の行事では、常に学校中で目立っていた存在だったそうだ。そんなある文化祭の時、あばれる君は文化祭でネタを披露し、笑いを取っていたそうだが、その時あばれる君の根手を見た現嫁の由夏は、あばれる君の事が気になりだしたという。

 

 

その後、学年こそ違うものの、二人は頻繁に遊ぶ仲になっていたという。当時からあばれる君はなかなか積極的だったと言えるだろう。その後「芸人になりたい」という夢を打ち明けたあばれる君に惹かれ、二人は付き合うことに。高校卒業後、あばれる君は東京の大学に。由夏は地元に残ったため、二人は遠距離恋愛に。

普通ならこの時点で自然消滅することも多いが、二人の場合は違った。由夏は時間を見つけては夜行バスを使い、あばれる君に会いに行ったりと、二人の縁は一向に切れなかったという。その後、10年の付き合いを経て、二人はついに結婚。結婚当時のあばれる君の月収はなんと9万円だったという。

しかし、古張由夏は結婚に対して「全然後悔していません。私は彼のことしか好きになれない。彼も私の事ずっと好きでいてくれた」と告白していたという。さらに「一緒の夢が見れるのが楽しい」「収入は私が働けばいい」と、当時お金の事は一切口にしなかったという古張由夏。

このエピソードから、二人はどれだけ仲が良いかということが伝わってくるだろう。そんなあばれる君の嫁は、4月19日放送の行列の出来る法律相談所にて、不満を次々と吐き出していくが、テレビでどんなことを言っていても、お互いの事は信じあっていることだろう。ドッキリで浮気したとしても、やはり一番好きなのは嫁さんなんだと、あばれる君自身もそう感じていることだろう。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top