EAT-MEN

Read Article

竹田恒泰の財布は印伝というブランド物の財布だと判明 使う前に200万円を財布に入れる儀式を実行「財布を馴染ませるため」

竹田恒泰が一般女性と結婚した事が明らかになった。そこで話題に挙がっているのが竹田恒泰の財布について。印伝というブランド物の財布を使っており、200万を使う前に入れているのだという。これにはきちんとした理由があるというのだが、一体その理由とは何なのだろうか。

 

 

竹田恒泰が語る200万円効果「財布を馴染ませて、お金が心地よく財布の中で過ごせるため」

さて、竹田恒泰は財布に200万円を入れるという話をする前に、そもそも竹田恒泰が使っている印伝というブランドの財布。これは一体どのような財布なのだろうか。実際に確かめてみたところ、印伝は長財布の財布をメインとした高級長財布で、財布には鹿の皮が使われているという。

とは言ったものの、いまいちどのような財布か分からないと思うので、竹田恒泰が実際に持っている印伝の財布ではないが、こんな感じの財布になる

いかがだろうか。かなり質感の良さそうに見える財布ではないだろうか。しかもこの財布、かなり高級感があるのにも関わらず、値段も1万5000円を切るという、比較的リーズナブルな財布。これを息子や娘から父の日などにプレゼントされれば、嬉しくない父はいないのではないだろうか。

また、この印伝の財布にはこだわっている部分があり、1つは【お札を入れようとした時に、折り曲げずにすっぽりと入れる事が出来る」ということ。そしてさらにそれだけではなく、印伝の財布には【マチ】と呼ばれるものがあり、財布の底に、約1センチほどのゆとりがあるという。

 

 

実は、この2点のポイントこそが、財布を選ぶ際の重要な点だという。この2点がそろった財布は、縁起が良い財布とされており、そのような財布に、お金も好んで入っていくと言われているのだ。ここで、なぜ竹田恒泰が財布にあらかじめ200万円を入れておくかが、少し分かってきたのではないだろうか。

財布にあらかじめお金を入れておくことによって、財布が少し柔らかくなり、お金に馴染みやすくなる。そんな財布にお金たちは「もう一度入りたい」と思い、お金が再び帰ってくると言われているからだ。「バカバカしい」と思う人もいるかもしれない。実際私もバカバカしいと思っていた時期があったのだが、これはあながちウソでも無いかもしれない。

というのも、私も4年前に良い財布を買い、そしてお金を大事に扱っていたことがあった。それからはなぜか、お金に困ることがほとんどなくなったのだ。原因として色々考えてみたが、恐らく「お金に対する意識が変わるから」ではないかと思った。確かに、雑に扱っていた頃より、お金が愛おしく思えた自分がいた。

それほどお金を保存しておく財布という存在は大切だということだ。なので、もしこの機会に財布を買い替えたいと思った方は、印伝の財布も考えてみてはいかがだろうか。もちろん、印伝でなくても良い財布は沢山あるので、自分に合った財布を探して頂ければと思う。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top