EAT-MEN

Read Article

篠原信一の嫁は巨人症という顔の病気を受け入れ結婚 献身的に篠原を支える嫁の姿に感動

4月20日、SMAP×SMAPに出演する篠原信一は、バラエティーに出るまでは柔道オリンピック選手だった。そんな篠原信一は実は巨人症という病気で、顔が大きく(体の先端が大きく)なってしまうという。嫁はそんな病気を受け入れて結婚を決意。その後嫁は献身的に篠原信一を支える姿勢を見せた。

そのころ篠原信一は柔道をやっていて、これに対して嫁は「いつ柔道をやめても大丈夫なように会社を作る」というほど、篠原信一の夢を応援してくれるような理解者だったという。そんな篠原信一の嫁について、や、篠原信一の巨人症という病気について、もう少し詳しくお伝えしていこうと思う。

 

 

篠原信一は巨人症という病気の疑惑が浮上 下手すると寿命が10年縮む事も

篠原信一は、今でこそバラエティー番組に引っ張りだこだが、昔は実は柔道のオリンピック選手として活躍していたという。ちなみに篠原信一は中1の頃から柔道を始め、そのころから輝かしい成績を残していたそうだ。最近篠原信一を知った人は「大きくて面白い人」ぐらいの認識しか持っていないのではないだろうか。

過去にシドニーオリンピックで、本来金メダルのはずだったが、誤審にあってしまった為に銀メダルと言う成績に。しかし本人は「自分が弱かったのが全て」と、あくまで自分の責任であるとコメントしたという。そんな篠原信一は選手としても優秀な選手だったが、コーチとしても活躍していた存在だったという。

このころまだ全日本柔道のコーチ経験が無かった篠原信一。しかしそんな篠原信一を全日本柔道コーチに抜擢することに。これは当時も、そして今でも異例の事だということで、それほど篠原信一は凄い選手であったと同時に、熱く信頼されていた人物だったのだろう。

 

 

そんな篠原信一は、最近巨人症という病気であることを告白している。と言うのも、ネット上で「顔が巨人症の顔をしている」と言われるようになったことから発覚。ちなみに巨人症とは、正式には先端巨大症と言い、理屈はともかく、体の一部(手や足、顔や内臓など)の一部が肥大してしまう病気。

一見、大きくなるだけで体にも害があるようには思えないが、実はそのまま放っておくと寿命が10年ほど縮んだり、骨がもろくなってしまったりと、様々な健康被害が出てくるという。ただ、篠原信一は一定まで身長が伸びたところで治療を行っているため、そこまで心配することは無い様に思う。

そんな篠原信一は現在は結婚した嫁と幸せに暮らしているのだという。結婚した嫁は篠原信一に対してとても献身的で、いつ柔道を辞めてしまっても大丈夫なように、産業廃棄物の会社を立ち上げたという。そのおかげで現在は柔道ではほとんど活動していないものの、芸能活動と産廃の仕事を両立し、暮らしていけているという。

ちなみに篠原信一は本業はあくまでも産廃のようで、芸能活動は本業だとは思っていないようだ。しかし、収入的には芸能活動で稼いだ収入の方が多いと言われている。そんな心優しい嫁とも巡り合えて、現在篠原信一はとても幸せな事だろう。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top