EAT-MEN

Read Article

加瀬邦彦が体調不良で死去。謎の病気について「食道がんじゃね」とネット上の声

加瀬邦彦が体調不良で死去してしまった事が明らかとなった。ちなみに死因の病気は何だったのか、現在はまだ明かされていないという。そんな加瀬邦彦だが、ネット上では「食道がんじゃね?」と噂になっていた。実際加瀬邦彦の死因の病気は何だったのだろうか。それについて掘り下げていくとともに、加瀬邦彦とはそもそもどんな人だったのかについて、お伝えしていこうと思う。

 

 

ワイルドワンズ加瀬邦彦は過去にがんだった事が発覚 今回の死因と何か関係があるのかを検証

ワイルドワンズの加瀬邦彦は、過去に食道がんだったことを明かしている。加瀬邦彦は、1941年3月6日生まれ。74歳という年齢で、4月21日、死去したことが報道された。そんな食道がんについては、後々詳しくお伝えするとして、そもそも加瀬邦彦とはどのような人物なのだろうか。

1957年の11月の事。加瀬邦彦は当時慶應義塾高等学校の1年生だった。その時、色々な事情があり、東京都から茅ヶ崎市に移住したそうだ。まさかこれがキッカケで加瀬邦彦の人生が変わるとは思いもよらなかっただろう。この年の12月23日。加瀬邦彦はアメフト部の先輩の紹介により、なんと加山雄三と知り合うことに。

当時加山雄三も同じ高校の2年生だったそうで、この出会いがキッカケとなり、音楽の素晴らしさに気付くことに。当時音楽面では加山雄三には随分とお世話になったそうだが、実はプライベートでもとても仲が良かったそうだ。これは、意外と知られていない話である。

 

 

その後、加瀬邦彦は初のバンド「ザ・トップビーツ」を結成。その後、バンドを脱退しては入り…ということを繰り返し、最終的にはワイルドワンズに落ち着く。ワイルドワンズでは「想い出の渚」など、様々なヒット曲を生み出し、当時絶好調だったという。その後何10年も経ち、加瀬邦彦は食道がんに侵されることになる。

実はワイルドワンズのメンバーは、全員が1度癌を経験していることが明らかとなっている。今、2人に1人がガンにかかると言われているが、メンバー4人ともがガンにかかってしまうのは、かなり珍しいと言えるだろう。ちなみに加瀬邦彦(71)が食道がん、鳥塚しげき(65)が胃がん、植田芳暁(64)が大腸がん、島英二(64)が胃がんである。

しかし、4人は一時的には全員見事に克服。今日まで4人はステージに立って、元気にライブをしていたという。そんな中、加瀬邦彦の突然の死去報道。一体加瀬邦彦に何があったというのだろうか。全員克服したと思われていたガン。もしかすると加瀬邦彦だけが再発していたのかもしれない。

現在なぜ加瀬邦彦が死去してしまったのか、原因は明かされていないため分からないが、恐らく食道がんの再発。もしくは転移によるガンの再発であると考えられる。突然の死に、ファンは悲しみの声を挙げている。他のメンバー3人も、1度癌にかかったことがあるということで、これから再発しないよう、気を付けて頂きたいものである。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top