EAT-MEN

Read Article

空手家 久松正明の事件が無罪になった件について


空手家の久松正明の最新情報について。久松正明事件と呼ばれる事件を起こしていた過去がある。これについては次のトピックで詳しくお伝えしていくが、そんな久松正明が何と無罪になった件について、お伝えしていこうと思う。

久松正明事件について

その前に、今回の話をより理解しやすくするために、久松正明事件について詳しく説明していこうと思う。
久松正明事件とは、久松正明が内縁関係にあった女性を、殺害したという事件だ。
これに関しては久松正明が2012年の11月に車の中で内縁関係の女性二人で乗っていたそうだが、その時に久松正明が車の中で女性の首をタオルで絞めて、殺害していたという事件の事である。
具体的な状況を説明すると、その時の状況は、助手席のヘッドレストにタオルが巻かれていて、そこに首を巻き付けて殺害されていたということである。

空手家 久松正明の事件が無罪になった理由

このような事件に対して、今日の今日までずっと裁判が行われていたそうだ。
そして、そうやって裁判が行われてきたが、その裁判の結果が何と無罪だったそうだ。
これに対してネット上の反応は「なぜ無罪なんだ。無罪なんておかしいじゃないか」という反応や「まあ、無罪になるのも仕方がないだろう」という声がそれぞれ挙がっているが、私はどちらかと言うと後者の「まあ、無罪になるのも仕方がない」派である。
これに関しては色々意見があるだろうが、なぜ無罪にしたのかという理由を知れば、二つの意見が出てくるのも、まあどちらの意見もあるよな、と納得してしまうことだろう。

久松正明が無罪になった理由

ここで、久松正明が無罪になった理由について、お伝えしていこうと思う。
そもそもなぜ無罪にしたのかと言うと、これを本当にざっくり言うと「本当に殺害したかの信ぴょう性が無いから」ということだ。
これはどういうことかと言うと、久松正明は、内縁関係の女性の首をタオルで絞めて殺害したという容疑で、裁判することになったのだが、そもそも本当に久松正明が内縁関係の女性の首をタオルで絞めたのかというのが、曖昧だったようである。
ここで考えられたのが「久松正明が殺害した可能性」「内縁関係の女性が自殺した可能性」この2つが考えられていた。

久松正明がもしかしたら首を絞めて殺害したかもしれない。だが、その証拠が見当たらなかったそうだ。
となると、内縁関係の女性が、自分で車の助手席のヘッドレストにタオルを巻いて、自分で首を絞めて自殺したという可能性が出てくるわけだ。
久松正明が確実に殺害した証拠が出てきていたら、確実に久松正明が殺害したことになるが、その証拠も何もなかったという。そしてもしかしたら自殺したという可能性も捨てられないため、その結果無罪になったというわけだ。

もし裁判長が有罪にしていて、久松正明が殺害していなかったとしたら…
こういう例は確かにあったようなので、そうなれば罪を犯していない人の生活を何年も奪う、もしくは死刑の場合は命を失ってしまうということになるわけである。
このような過ちが実際過去にもあっため、今回の判決は無罪にするしかなかったのであろう。私が裁判長だったとしても、恐らく無罪にしているはずだ。

ただ、本当に内縁関係の女性が久松正明によって殺害されていたのだとしたら、それは許されるべき判決ではない訳である。
今回の久松正明事件、無罪か有罪か、どちらにしても批判の声が挙がるのは間違いないだろう。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top