EAT-MEN

Read Article

オダギリジョーが夫の香椎由宇の子供の死因は絞扼性イレウスと判明 これに対し2chの声「可愛相」「これは辛い」


オダギリジョーが夫で有名な、香椎由宇の子供の死因が、先ほど絞扼性イレウスであることが判明した。死去が確認されたのが4月20日の午前6時23分だという。ちなみに14日に診断を受けた後、緊急手術を行っていたそうで、その後も懸命に治療を続けていたが、20日に症状が悪化。その後、急死してしまったという。

そんなオダギリジョーと香椎由宇との子供に起こった絞扼性イレウスとは、一体どのような病気なのだろうか。さらに、子供の死去に関しての、事務所側が発表した内容についても、伏せてお伝えしていこうと思う。

 

 

香椎由宇の次男が発症した絞扼性イレウスの症状を徹底解説

オダギリジョーと嫁の香椎由宇との間の子供(次男)に、絞扼性イレウスが発症したことにより、亡くなったことが明かされた。14日に手術を受けるも、20日には病状が悪化。そしてそのまま無くなってしまったという。これに対して事務所側が発表した内容について

「この度オダギリジョー・香椎由宇次男は絞扼性(こうやくせい)イレウスと診断され4月14日に緊急手術を行い治療を続けておりましたが4月20日に容態が急変。午前6時23分に息を引き取りましたことをご報告させて頂きます。なお葬儀滞りなく相済ませました。1歳9日という短い命ではありましたが、生前の御厚誼を深謝し謹んで御通知申し上げます」
引用元:ヤフーニュース

と発表していたという。そして関係者によると、子供の次男は突然この症状を発症したという。人の命をも奪ってしまう絞扼性イレウスという病気。一体どのような病気なのだろうか。全体像を知ってもらうために、まずは簡単に解説すると、何かが原因で腸管がねじれて、腸管が閉塞してしまう病気。

 

 

もう少し詳細をお伝えすると、このイレウスと言う病気は、別名腸閉塞とも呼ばれており、何が原因になるかが分からないが、腸がねじれてしまうことによって、食べ物やガス。さらには消化液などが通過できなくなってしまうという恐ろしい病気。腸管が詰まってしまうということは、肛門から不要な物質が排出出来ない状態。

さらに、栄養も吸収できなくなったり、するためもちろん排便も出来なくなってしまい、突然の強い腹痛。そして吐き気や嘔吐と言った症状が出るという。ちなみに絞扼性と診断された場合は、直ちに手術を行わなければならないという。実際、普通に生活をしていれば、腸閉塞になる人と言うのはあまりいないという。

しかし、過去にお腹の切腹手術を受けたという人は、その間に腸が傷ついてしまったりしていた場合、腸閉塞を起こしてしまう確率が上がるという。しかし、今回症状が起きたのはまだ生まれて間もない1歳の子供。一体ねぜ今回腸閉塞が起こってしまったのだろうか。原因は分かっていないが、今回子供の死によって、二人は深く傷ついていると思われるため、子供にはご冥福をお祈りする。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top