EAT-MEN

Read Article

能年玲奈・洗脳の真相。滝沢充子とフライデーにてベッタリな写真画像が流出!


能年玲奈に洗脳疑惑が浮上していると、フライデーでも取り上げられていることが分かった。ちなみにその相手の名前は滝沢充子。なんと滝沢充子とベッタリしている能年玲菜の写真画像が公開されているという。能年玲菜はなぜか最近全然テレビに出なくなったと思ったら、まさか洗脳騒動だったとは…

そこで今回は、能年玲菜の洗脳騒動の真相について、詳しくお伝えしていこうと思う。

 

 

能年玲菜が個人事務所を独立したという真相「それは違う」

今回30日のフライデーにも報じられることになった能年玲菜の洗脳騒動。どうやら洗脳騒動について、滝沢充子という人物が関わっていることが分かった。そもそもなぜ能年玲菜は洗脳騒動が騒がれるようになったのか。洗脳騒動の事の発端は、能年玲菜の所属事務所の酷い扱いだったと言える。

元々能年玲菜は、あの人気ドラマ「あまちゃん」で一躍国民的女優となったが、あまちゃん以降はほとんどテレビに出る事もなく、最近出た番組と言えば、黄金伝説の無人島での生活の番組ぐらいだろう。黄金伝説もなかなかの過酷なロケだったので、あえて事務所側が参加させたと言われている。

それからはめっきり姿を見せなくなった能年玲菜。この原因は所属事務所からの酷い仕打ちだったという。ちなみに所属事務所はレプロエンタテイメント。この事務所は元々能年玲菜に期待していなかったという。なので、例えあまちゃんでブレイクすることになったとしても、能年玲菜に対しての扱いは最初と全く変わらなかったという。

給料に対しても、あまちゃん出演が決まったのにも関わらず、なんと月給5万円。しかも仕事もどんどん増えていくため、アルバイトすら出来ない状態。ドラマ撮影となると、かなりの時間を拘束されることになるため、そうなるとますますアルバイトも出来ず、実家の仕送りに頼るしかないといった状況が続いたという。

さらに能年玲菜は、新人のマネージャーを事務所からつけられたために、重い荷物を自分で運んで、新幹線に乗り込もうとした時に転倒してしまい、なんとスネを7針も縫うケガをしたという。さらにドラマ撮影で多忙なのにも関わらず、車も用意してくれずに、なんとNHKがタクシーのチケットを用意してくれるという始末。

こんな状況なので睡眠時間も平均3時間。さらに財布には残り200円と、かなり過酷な生活に、ついに能年玲菜の心もポキッと折れかけてしまったという。そこで唯一頼れる存在だったのが、今まで演技指導を受けてきた滝沢充子だという。

 

 

このように散々な仕打ちを事務所から受けているのにもかかわらず、事務所側は「玲奈の態度が悪いからオファーが来ない」「今後は単発の仕事しか入れられない。長期のドラマなどは入れられない」と、能年玲菜の態度が悪いから改めろと言わんばかりのコメントをしてきたという。

こんな事務所の態度に耐え切れなくなった能年玲菜は、とうとう昨年の3月に正式な文書で「事務所を辞めたい」と報告したという。そんな中、能年玲菜を支えてくれていたのが、滝沢充子。滝沢充子によると「洗脳など全くもってない」と断言しており、滝沢充子はただ、両親に頼まれて、身の回りの世話をしていただけだったという。

そして、最近騒がれていた個人事務所の独立についても、独立などではなく、ただ単に能年玲菜のグッズや、描いた絵などを販売するための会社だったという。ちなみに現在では事務所と能年玲菜が弁護士を呼び、裁判で協議するほどまでに発展しているという。

能年玲菜は「仕事がしたい」と言っていることから、事務所側が意図的に仕事を断っているということは、真実の可能性も高いだろう。そんな能年玲菜の唯一の理解者である滝沢充子が「洗脳者」と言われている現状。ちょっと悲しすぎるのではないだろうか。

今回ベッタリくっついているというのも、今頼れるのは滝沢充子しかいないため、安心感を求めたいが為に、ただ単にくっついているだけではないだろうか。確かにこれは見方によれば洗脳とも取れるかもしれないが、頼れる存在が滝沢充子しかいないという現状、それは仕方のないことなのかなと、私は思う。また何か分かり次第、随時お伝えしていこうと思う。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top