EAT-MEN

Read Article

小西博之は現在ガンを克服し、清水由貴子に涙の懺悔をする事が爆報!THEフライデーにて発覚


小西博之は現在ガンを克服しているが、そんな小西博之は、清水由貴子のお墓の前に行き、涙の懺悔をする事が明らかとなった。清水由貴子とは因縁の人物だと、爆報!THEフライデーにて予告されているが、一体小西博之と清水由貴子の間には、何があったというのだろうか。

 

 

小西博之を襲った腎臓がんを克服した過程や、因縁の清水由貴子との関係性

小西博之は、清水由貴子の墓前に初めて訪れ、そして涙の懺悔を行うという。一体小西博之と清水由貴子の間にはどのような関係があったのだろうか。清水由貴子が自殺したことと、何か関係があるのかもしれない。と、小西博之と清水由貴子の詳細についてお伝えする前に、小西博之を過去に襲った腎臓がんについて、詳しくお伝えしたいと思う。

今現在、今井雅之も戦っている末期がん。なんとその末期がんに過去小西博之もかかっていたという。病名は「腎臓がん」だった。しかも腎臓がんは全身に手にする恐れがあるということから、即入院することになったという。ちなみに腎臓がんが発覚した原因は、小西博之を襲った血尿だという。

2004年に血尿になった小西博之は「何かがおかしい」と思ったそうで、病院で精密検査してもらったところ、重度の腎臓がんだったことが発覚。ちなみに病院に行った時は、常に余命3か月と言われたそうだ。しかも当時の腎臓がんの大きさは「日本で5本の指に入るほど」とまで言われていたという。

当時は抗がん剤治療や辛い手術など、かなり大変だったというが、それでもその苦しみを耐え抜き、見事完治させたのには、学生時代の野球部の時に培われた、強豪な精神だと言われている。学生時代に監督に言われた言葉が、小西博之を救ったのかもしれない。

 

 

その言葉について、小西博之は「試合に勝ちたいと思うなって言われたんですよ。試合に勝つことが目標じゃなくて、勝った後に皆で大喜びしている姿を想像しろ」と言われたという。この考え方を応用して「癌とはたたかわない。ガンに勝つとは思っちゃだめだ。克服した後の楽しい未来を想像するべきなんです」と語っていたという。

その結果、見事にガンを克服した小西博之。小西博之がガンを克服した原因は「絶対に諦めない姿勢」「明るい未来の想像」これを徹底したからではないだろうか。ということで最後に、小西博之と清水由貴子との関係について簡単にお伝えしておくと、清水由貴子は、小西博之と同じ「欽ちゃんファミリーの一員」だったという。

そんな清水由貴子が、なんと突然自殺してしまったのだという。これに対して小西博之は、「自殺で死ぬなんて、僕は一生ユッコを許さない。天国なんかに絶対に行かせない。冥福も祈らない。僕が引き戻してやるから」と、激しい口調ながらも、泣き崩れていたという。

その出来事が2009年の事だったので、それから約5年が経った今、小西博之は初めて墓前に向かうという。そこでは「俺は清水由貴子を見殺しにした」と語っているという。一体これはどういうことなのか。真相については5月1日放送の爆報THEフライデーを見て頂きたいと思う。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top