EAT-MEN

Read Article

清水由貴子さんは殺されたのか。創価学会の集団ストーカー対象者になっていた可能性が浮上


清水由貴子さんは殺されたのかについては、5月1日放送の「爆報THEフライデー」にて明らかになるという。清水由貴子は自殺により死去したと言われていたが、実は「創価学会の集団ストーカー対象者になっていたのではないか?」とも言われているのだ。イマイチ意味が良く分からないと思うが、順を追って解説していこうと思う。

 

 

清水由貴子さんは殺された可能性が浮上。ストーカー被害に苦しんでいた事が会話の録音で明らかに

清水由貴子さんは、21日午後1時30分ごろに、静岡県に存在する冨士霊園にて亡くなっている所を発見されたという。その時の清水由貴子さんの状態は、顔の間に20リットル容量の黒のポリ袋があったという。ちなみにポリ袋の中には、硫化水素が発生する溶剤が入っていたという。

当時、そして今も清水由貴子さんは、自殺によって亡くなったと言われている。ところが、自殺にしてはなんとなく不自然。そこでネット上では「清水由貴子さんは実は殺されたのではないか?」と言われるようになったという。ちなみに死去した清水由貴子さんのそばには、清水由貴子さんの母がいたという。

母は車いすに座っており、時間がたっていたのか、衰弱しかけていたようだが、命に別状はなかったという。そして清水由貴子さんが死去した墓の前は、父親の墓だったという。このことから、清水由貴子さんは「長年の母の介護生活に耐えられなくなり、自殺したのではないか」と言われているのだ。

 

 

しかし一方で、先ほどお伝えしたように「殺されたのではないか?」という説も出ているという。なぜ他殺説が浮上しているのかについては、このような疑問から予想されている。1つ目として、硫化水素自殺をする前に、一緒に乗ってきたタクシーの運転手も「自殺するようには見えなかった」と証言していたこと。

そして元マネージャーが「彼女の自殺の原因は、介護の疲れだけじゃないと思う」とコメントしていたこと。さらに清水由貴子は苦しくなった時、父親のお墓参りに行くような人だった。そんな人が介護疲れが原因で、わざわざ父の墓の前で自殺することは、ちょっと考えにくいということ。

他にも色々と疑問は残るのだが、それに加え、清水由貴子さんはストーカー被害に遭っていたことも、戸崎氏と呼ばれる人との会話の内容によって明らかになっているという。そして会話の内容から、キッカケは創価学会絡みであることも分かっているという。色々疑問が残る中、結局のところ他殺なのか自殺なのか。

その真相は今日放送の爆報THEフライデーにて語られるかもしれないので、今日の放送を要チェックである。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top