EAT-MEN

Read Article

ゴールデンウィークの由来は映画界で生まれた言葉という説が有望【NHKでは大型連休と表現される理由も解明】

今現在、ゴールデンウィーク真っ只中で楽しまれている方がほとんどだと思うが、そんな中「ゴールデンウィークの由来って何だろう?」と疑問に思ってこのページにたどり着いたのではないだろうか。なんでも映画界で生まれた言葉だと言われているとか。そこで今回はゴールデンウィークの由来について、分かりやすくお伝えしていこうと思う。

 

 

ゴールデンウィークの由来について映画「自由学校」がキッカケだった事が明らかに

何気なしに現在も楽しんでいるゴールデンウィーク。そんなゴールデンウィークの由来について、ふと気になったことが無いだろうか。そこでここではゴールデンウィークの由来について、簡単にお伝えしたいと思う。そもそもゴールデンウィークには様々な説が飛び交っているようだが、一番有力な説が「日本の映画業界から生まれた言葉」という説だ。

ちなみにゴールデンウィークという名前の名付け親は、故、松山英夫氏。松山英夫氏は、大映という映画会社の専務取引役だったことで有名。1951年の今のゴールデンウィークの時期に「自由学校」という映画を公開したそうで、この映画が瞬く間に大ヒット。

そのヒットぶりは、お正月やお盆映画並みだったという。そして、この期間は売上が良い期間ということから、ゴールデンウィークと呼ばれるようになったという。最初はゴールデンウィークという言葉も、映画の業界用語だったそうだが、次第に他の業界でもこの言葉が広まっていき、ついにゴールデンウィークは日本人なら誰でも知ってる言葉へと浸透していったという。

 

 

しかし、NHKや民放などを見ている人は気付いているかと思うが、ゴールデンウィークという言葉は一切使われていない事が分かるだろう。ゴールデンウィークではなく「大型連休」として統一しているのだ。一体なぜなのだろうか。これは先ほどの話を聞いた人ならば、なんとなく分かるかもしれない。

元々映画の業界用語という説が強いことから、NHKでゴールデンウィークと言うことにより、映画業界の宣伝になってしまう。さらに、ゴールデンウィークも仕事の人が沢山いるため、そんな人がニュースでゴールデンウィークという言葉を聞くと「何がゴールデンだ」と、苦情が来る可能性があるためだ。

その為、NHKなどではゴールデンウィークという言葉は使わずに【(春の)大型連休】という言葉を使っているという。そんなゴールデンウィークという言葉。通じるのは日本だけかと思いきや、なんと海外でもある程度は認知されており、伝わるという。

映画業界用語だと言われていたゴールデンウィーク。それが今や海外でも使われるようになったかと思うと、かなり影響力の持った造語だったことが分かるだろう。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top