EAT-MEN

Read Article

ひな祭りとは 簡単に子供向けに解説

さて、いよいよ子どもにはとても楽しみな行事であるひな祭りの時期がやってきたが、そもそもひな祭りとは何なのか?
ひな祭りとは何なのかの由来を簡単に子供向けに解説してみようと思う。
ひな祭りとは今までなんとなくひな祭りというイベントがあるので楽しんでいただけかもしれないが、このブログを読んだあなたは今日から、ひな祭りとは何なのかを子供に聞かれても説明することが出来る。

 

 

ひな祭りとは 簡単に子供向けに説明

ひな祭りとは何なのかについて、まずは簡単に理解するために、ひな祭りとは何なのかを簡単に子供向けに全体像をお伝えしようと思う。
全体像…もともとひな祭りとは、古代の中国から伝わったものであり、日本では平安時代からひな祭りと言うのは行われていたそうである。もともとひな祭りとは、ひな人形に災いを託して川に流す(人形と共に自分の災いを流す)という儀式だったそうだが、江戸時代になってからは、ひな人形を飾るという、現在のような形になったという風に言われている。

これがひな祭りとは何なのかという全体像である。簡単に子供向けに説明する時は、まずはこの全体像を子どもにお伝えすると、比較的理解しやすいだろうと思う。
それから、ひな祭りの事に関してもう少し詳しく説明してあげると良いだろう。

ひな祭りとは 簡単に子供向けに詳しく説明する時

そしてここからは、ひな祭りの簡単な由来の全体像をお伝えしてから、より簡単に子供向けに詳しく内容を伝えてあげると、子どもにとってもなお理解しやすいであろう。
そのひな祭りとは何なのかということを詳しく説明する時に子供向けに簡単にお話しする時には…

ひな祭りとは詳細…ひな祭りとは、ひな人形を川に流して、その時に災いも人形に託して川に流すというのが元々のひな祭りの儀式であったが、そもそもこの儀式の始まりは、古代中国の3月の最初のヘビの日に(旧暦の3月3日がヘビの日となるためだ)水で手や足を洗って、自分の体も心も清める事で、災いから逃れようといった風習があって、この風習が日本にも伝わったことで災いを人形に託して、そのかわり心身ともに健康や、幸福が自分に宿るようにと、祈るようになったのが、この流し雛(ながしひな)の始まりであった。

だが、そのひなを流すという風習が、なぜかママゴト遊びと結びついて、それが江戸時代の事であり、そんな江戸時代から華やかにしたひな人形を飾るという風習が出来るようになったと言われている。
そして、ひな祭りが終わったらなぜすぐにひな人形をしまわないといけないのか、ということについては、川にひな人形を流していた時は、もちろんひな人形は一日限りで流されていってしまうわけだ。要はその名残が現在も残っているというわけである。

 

 

ひな祭りとは 菱餅を食べる意味

そして、そんなひな祭りになぜ菱餅を食べるのかということについてだが、これについては長くなりそうなので、詳しくはまた別の記事でお伝えしようと思うが、ここで簡単に説明しておくと、菱餅の3色の色にはそれぞれ意味があり
紅色の餅…花が咲く 白色の餅…雪が解ける 緑色の餅…新芽が出る
と言った意味をあらわしている。つまり「雪が解けて、そして新芽が出てきて、その後花が咲く」と言ったような春の訪れを表しているということである。

一口にひな祭りと言っても、やる事一つ一つにはそれぞれ意味があるということだ。
こういうひな祭りとは何なのかという由来を簡単にでも知ることが出来れば、子どもにとってもより、ひな祭りという毎年のイベントをより楽しめるようになるであろう。今回はひな祭りとはというのを、簡単に子供向けにお伝えしたわけだが、もし子どもにひな祭りの由来などを聞かれた時は、是非このブログを参考にして頂けるとありがたいことである。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top