EAT-MEN

Read Article

こどもの日とは 由来を子供向けに簡単に解説(子供の幸福を願うとともに、母に感謝する日)

5月5日はこどもの日。こどもの日は祝日だという認識ぐらいしか持っていないという方は意外と多いだろう。そもそもこどもの日の由来は何なのだろうか。それを子供向けに簡単に解説していこうと思う。

 

 

こどもの日は昭和時代に国が5月5日に昭和の日だと決定

こどもの日の由来について、これから子供でも理解できるように簡単に解説していきたいと思う。ところで、3月3日と言えば、ひな祭り(女の子の日)として有名だが、5月5日はこどもの日と言っても、どちらかと言うと男の子の日というイメージが強いのではないだろうか。

ちなみにこどもの日=端午の節句と言うのは有名な話だと思う。そもそも端午の節句とはどういった意味なのだろうか。端午の節句というのは、実ははるか昔に中国から入ってきた言葉だという。中国では家で悪いことが起こらないように、よもぎで作った人形を飾り、菖蒲という葉っぱを門にかけていたという。

ちなみに端午と言うのは、「5月の最初の午(うま)の月」という意味で、その為、昔は5月の最初の月を端午の節句と呼んでいたそうだ。しかし、端午の午という読み方が(5)とも読めることから、5月5日を端午の節句と呼ぶようになったと言う。そしてこれがこどもの日と呼ばれるようになったキッカケだそうだ。

それではなぜ、5月5日のこどもの日に、鎧兜を飾るのだろうか。これを物凄く簡単に説明すると、鎧兜は武士の身を守るためのもの。その為、そんな鎧兜を飾ることによって、男の子の身を守る、さらに、武士のようにたくましく育ってほしいという願いから、鎧兜(5月人形)を飾るようになったというわけだ。

 

 

ちなみになぜ男の子の行事と言うイメージが強くなったかに関しては、鎌倉時代の辺りから、菖蒲と尚武が同じ読み方だったことや、菖蒲の形が、鋭い剣のような形であることから、男の子の日と呼ばれるようになったという。ちなみに尚武とは、武道や武勇を重んじるということ。

そしてこいのぼりをこどもの日に飾るのはなぜか?ということについては、大体予想はついているかと思うが、「滝の上を上り切った鯉は、いつしか竜に化ける」という中国の話を聞いたことはあると思う。日本でも鯉の滝登りという言葉があるように「強く、たくましく、逆境にもめげず、強い子に育ってほしい」という願いから、こいのぼりが飾られるようになったと言われている。

そんなこどもの日を正式に国が決めたのは、昭和時代だという。「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」という日だという。昭和時代には結局、男の子も女の子も関係なく、こどもという定義になったそうだが、最後の言葉「母に感謝する」と言うのは、意外と知らない人が多かったのではないだろうか。

私の実力ではこれ以上簡単には説明できないので、分かりにくいといった場合は申し訳ないが、もし役に立てたのであれば幸いである。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top