EAT-MEN

Read Article

国際展示場のイベント、ゲームマーケット2015春に訪れる人が急増中!老若男女誰でも楽しめると話題に

国際展示場のイベントの1つとして、現在ゲームマーケット2015春が、かなり話題になっている。今日はこどもの日ということで、余計に大盛況するのではないだろうか。そんなゲームマーケット2015春について「そもそもゲームマーケットって何?」と言う方の為に、簡単にその内容を解説していこうと思う。

 

 

ゲームマーケット2015春の概要と理念を解説

国際展示場のイベントの1つ、ゲームマーケット2015が、現在Twitter上でもトレンドになるほど、話題になっている。だが、そんなゲームマーケット2015春とは、そもそもどのようなイベントなのだろうか。年配の方がこの話を聞くと「どうせ新しいテレビゲームの紹介かなんかだろう」と思うかもしれないが、そうだとしたらとんだ誤解である。

実はゲームマーケットは、小さいお子さんから年配の方まで、幅広く遊ぶことが出来るイベントになっている。それは一体どういうことなのか。簡単に解説していく。そもそもゲームマーケットとは、電源を使用しない「アナログチックなイベント」になる。これはどういうことかというと、最近の子供は、良く家でもテレビゲームをする事が多いと思う。

しかし、このゲームマーケットでは、そのような家でやるようなデジタルゲームではなく、ボードゲームやカードゲームなど、画面を見て遊ぶテレビゲームではなく、昔ながらのみんなでワイワイ遊ぶようなゲームなどが沢山発売しているイベントになる。これなら年配の方でも安心して訪れる事が出来るし、孫のお土産などにも良いかもしれない。

 

 

ちなみにそう言ったアナログのゲームを売っているだけではなく、実際に体験することも出来るため、毎年かなりの盛り上がりを見せるイベントの1つとなっている。さらに、このゲームマーケットの理念として「アナログゲームは、人と人との関わりがある」という理念があるという。

そして、アナログゲームのイベントである、ゲームマーケットは「みんなでワイワイ楽しく過ごす場」でありたいと考えているという。さらにここからがこのイベントの理念の素晴らしいところで「みんなで楽しく過ごすには、人を思いやる心が大切だ」と。全く持ってその通りだと思った。

このイベントでは、皆で楽しく過ごすこと。さらに、人を思いやる心。この二つを育てていけるような、そんなイベントになるのではないかと思われる。そして、そんなところが、アナログゲームの一番の良いところと言えるのかもしれない。そんなアナログゲームのイベントでは、現在6種類のゲームが用意されていることが分かっているので、この機会に一度足を運んでみてはいかがだろうか。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top