EAT-MEN

Read Article

こどもの日の由来を簡単に解説【こいのぼりや柏餅の意味を完全攻略】

5月5日はこどもの日。こどもの日と言えばこいのぼりや柏餅で有名だと思う。しかし、そもそもこどもの日の由来は、一体何だろうか。なぜこいのぼりを飾るのだろうか。そしてなぜこどもの日には柏餅を食べるのだろうか。それらを今回、子供でも分かりやすいように、簡単に解説していこうと思う。

 

 

こどもの日にこいのぼりを飾り、柏餅を食べる理由を子供向けに簡単に解説

5月5日はこどもの日。こどもの日を心待ちにしていた子供たちは少なくないだろう。しかし、こどもの日と言うのが段々と認識されなくなってきているというのも事実。その証拠に「こどもの日ってなに?」と子供に聞かれても「こどもの為の日だよ」と曖昧にしか答えられない人も増えてきている。確かにこどもの為の日と言うのは間違いない。

しかし、ここで子供にこどもの日の由来まで分かりやすく教えてあげられたとしたらどうだろうか。きっと子供にも見直されるに違いない。そこで今回はこどもの日の由来について、子供向けに分かりやすく解説できるように、難しいことは省略してお伝えしていこうと思う。

まず、こどもの日の由来についてだが、これは簡単に解説すると、こどもの日は、言い換えると端午の節句と呼ばれたりもする。端午の節句は、中国から入ってきた言葉だと言われており、中国では悪いことが起こらないように、ヨモギで作った人形を飾ったり、菖蒲という葉っぱを門にかけていたりしたという。

ちなみに端午と言うのは「午(うま)の月の最初」と言われている。ちなみに昔は、うまの月は5月と言われていた。その為、5月の最初の午の日にしていたそうだが、午と5は、読み方が同じだということが分かり、その結果、5月5日が端午の節句と呼ばれるようになったという。

 

 

そして次の疑問で「なぜ、こどもの日にこいのぼりを飾るのか」ということについては、これも中国の言い伝えが元になって、日本ではこいのぼりが飾られるようになったという。中国では昔「黄河と言う大きな河にある、竜門と呼ばれる滝を登った鯉は、いつしか竜に化ける」という言い伝えがあったという。

ちなみに日本でも「鯉の滝登り」という言葉があるように、鯉はとても縁起が良いものとされている。鯉が滝を登るように「子供も立派に成長して欲しい」という願いから、鯉のぼりが飾られるようになったと言われている。そして最後に「なぜ柏餅を食べるのか」という疑問について。

実は柏餅は日本独自の文化だという。柏の木を思い浮かべると分かると思うが、柏の木の葉は、新しい芽が出てくるまで、古い葉っぱはずっと落ちずにあることが分かる。このことから「自分の家を継ぐ子供が誕生するまで、親は先立たない」ということをイメージして、家計を保っていく事をイメージした縁起物として食べられていると言われている。

今はそこまで自分の家の跡継ぎなど気にしなくなったが、昔はそういうことが重要とされていたため、今でも柏餅を食べるようになったと言われている。もし子供にこどもの日の由来を聞かれた際には、是非参考にして頂きたいと思う。ちなみにこちらの記事にも、この記事には書かれていない由来の補足について書かれているので、参考にして頂ければと思う。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top