EAT-MEN

Read Article

平尾勇気が嫁と結婚後の言葉に母も感激「父に初孫を抱かせてやりたかった」

平尾勇気が5月5日の解決ナイナイアンサーに出演が決定。そんな平尾勇気には実は嫁がいたことはご存じだろうか。しかも嫁とはできちゃった婚だというから驚きだ。さらに母も感激した平尾勇気の結婚後の「父に初孫を抱かせてやりたかった」という言葉。これには私も少し平尾勇気の見方が変わった。

ということで今回は「そもそも平尾勇気って誰だ?」という所から、嫁との結婚について。さらに父と母との壮絶な関係についてもお伝えしていこうと思う。

 

 

平尾勇気の父と母の関係性に驚愕!実はすでに離婚していたことが明らかに

平尾勇気が5月5日の解決ナイナイアンサーに出演することで、現在話題になっているが、そもそも平尾勇気とはどのような人物なのだろうか。まずは平尾勇気の簡単なプロフィールからお伝えしていく。平尾勇気は1981年の3月10日生まれ。そんな平尾勇気はポニーキャニオンに所属してる。

平尾勇気のデビューのキッカケは、ポニーキャニオンから、ハダカの楽園と言うCDを出したことで、それが当時のTBS番組「サンデージャポン」のエンディングテーマになったことから、一気に人気が爆発。有線では3位と言う結果で、そんな出来事があって、それ以降はどんどん有名になっていったという。

そんな平尾勇気にはとんでもないエピソードが存在し、いくつかエピソードを紹介すると「勝新太郎からお年玉を50万もらっていた過去があった」「ハワイに貸切の飛行機で行っていた」などなど…たった2つのエピソードからも、平尾勇気は子供時代からどれだけお金持ちだったかが分かるだろう。

そんな平尾勇気の父と母について。実は父と母はすでに離婚していることが明らかになっている。まず、父と母が結婚するまでの過程もとんでもないもので、父の平尾昌晃の初めての初婚は、まだ平尾昌晃が34歳の時。その時に結婚したのはなんと現役女子大生だったという。

 

 

34歳で女子大生と結婚するのはなかなか凄いが、この後の展開がもっと凄い。ある日、その女子大生は突然家を飛び出したという。その後女子大生は、不貞行為を理由に、離婚と1億5千万の慰謝料を請求してきたという。その不貞行為の相手こそが、平尾勇気の母「小沢深雪」だったのだ。

その後は4年間の裁判となり、何とか裁判は無事終了。そしてその2年後に、平尾昌晃と小沢深雪は結婚したという。この時すでに妊娠7か月。そして結婚後、無事に平尾勇気が誕生するも、平尾昌晃のあまりの多忙さにしびれを切らし、数年後に離婚することに。何とも残念な結末となってしまったが、離婚後、母は再びニューヨークに渡り、再婚したという。

そして平尾勇気の事は父が育て上げ、そして2011年には平尾勇気は結婚したという。しかも父と母と同じできちゃった婚ということで、息子も同じ道をたどってしまうのかと思いきや、平尾勇気は「今回子供を生むことについて、そして結婚することについて色々考えたところ、父が元気なうちに初孫を見せてあげたいと思い、今回の決断に至りました」とのこと。

この言葉に思わず母も感激したという。恐らく世間が思っているより、平尾勇気はずっと真面目な人なんだろう。そんな平尾勇気が5月5日の解決ナイナイアンサーに出演するため、これは要チェックだ。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top